より良いものを、より安く。名古屋帯・袋帯・小紋・江戸小紋の通販なら、創業120年、品質と信頼のむらたやにお任せください。
Menu

閉じる

お客様安心購入システム

お客様安心購入システム

ブログ・コミュニティサイト

むらたや(ブログ)

むらたや(facebook)

店舗情報

株式会社むらたや


〒698-0024
島根県益田市駅前町11-16

電話:0856-22-0098

受付:AM10:00~18:00

休日:日曜日

営業日カレンダー

2017年10月<backnext>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

休業日

名古屋帯とは

通販の名古屋帯なら安くてバリエーションも豊富です
名古屋帯なら、むらたやのオンラインショッピングを是非ご利用下さい

名古屋帯とは


名古屋帯は、お太鼓になる部分の帯幅を一般的な8寸(約30cm)程度に、それ以外の胴に巻く部分をその半分の幅に仕立てられた帯で、着る際の時間と手間、それに帯そのものの重量を軽減することを目的に、大正時代に考案されたものです。

お太鼓(垂れ)の部分と胴に締める境目(参画に畳んであるところ)を垂境といい、お太鼓(垂先)までの長さを垂丈といいます。垂丈は、体型にかわらず105㎝~115㎝位です。
垂境から胴に巻く部分を『手』と言いその長さを手丈と言います。手丈はヒップの寸法に合わせて決めます。ヒップが約85㎝の方は、手丈が245㎝位です。90㎝の方は、255㎝位で100㎝の方は275㎝位が締めやすいのではないでしょうか。現在、名古屋帯の生地は、総尺(布端から布端の長さ)約4.7~5.0m弱で幅は35㎝のものが多いようです。塩瀬羽二重などの染物の名古屋帯は、長めの帯地になっているようです。


 

 

名古屋帯の歴史


女性が社会で活躍するようになった大正時代、越原春子さんという、名古屋で女学校を創設した先生が考案したというのが有力な説です。
当時、女性は男性に比べてまだ洋装化が進んでおらず、社会進出が進んだとはいえ、仕事に出るのも日々の生活も、女性は和服を着るのが一般的でした。
もともとは塚原先生が、忙しい自分の身支度にかかる負担を和らげるために、自身のために仕立てたものでしたが、学校に出入りしていた業者の目に留まって商品化されました。
それまでの既成概念を打ち破る、極めて合理的な形状をもつこの帯は、時代が変わりゆく中で、旧態依然の和装を半ば強いられていた世の女性たちの間で爆発的にヒットし、またたく間に全国に広まったのです。

 

 

 

名古屋帯の種類


       

名古屋帯にはいくつかバリエーションがありますが、よく使われるものとして「八寸名古屋帯」と「九寸名古屋帯」とに分けられます。
名称からして、幅が違うものと勘違いされることがありますが、これは帯として仕立てる前の生地の幅から付けられた名称で、仕立てられた時の幅はほぼ変わりません。名古屋帯より簡単に締めやすく少し格高くと思われるときには「京袋帯」をお使いになる方もいらっしゃいます。


九寸帯は、九寸の生地の両端を五分ずつ折り(これで仕立て時の幅は八寸帯と同等になります)、芯地を入れて裏地と合わせて仕立てます。仕立て前の帯の幅は、35㎝前後です。クジラ尺でいうと約9寸あることから九寸名古屋帯と呼ばれます。九寸名古屋帯はこのように元々広めに織ってある生地を端を折ることによって着用者の体型に合わせた幅に仕立てます。帯芯を入れて仕立てるように作られているため厚みがなく薄く感じる生地が多く色や柄が豊富なのが特徴です。薄手の染めの生地なども芯の厚みをお好みにして自由に使うことが出来ます。

織名古屋帯と染名古屋帯があり、織の方が高いとされています。

八寸袋名古屋帯の仕立て前の帯の幅は、30㎝前後で、クジラ尺でいうと約8寸あることから八寸袋名古屋帯と呼ばれます。こちらは、芯を入れずに生地の幅そのままで仕立てる(かがる)ことから名古屋帯の特徴である軽快さを出しています。かがり名古屋帯とも言います。紬やつづれ織や博多など芯を入れなくてもすむかたさと張りのある堅地のものが多く用いられています。

 

つまり、折って仕立てるため元から広い生地幅なのが九寸名古屋帯で、そのまま仕立てるのが八寸名古屋帯です。九寸名古屋帯は広めに織ってあるため端を折ることにより着用者の体型に合わせた幅に仕立てられます。

 

京袋帯は、長さではなく、仕立て方で京袋帯と呼ばれます。長さは一般的な名古屋帯と同じぐらいの長さで、3m60㎝から3m80㎝前後の商品が多いです。見た目は袋帯の状態で長さは名古屋帯の長さです。

 

 

 

名古屋帯の仕立て


九寸名古屋帯は『名古屋仕立て』で八寸袋名古屋帯は『松葉仕立て』が定番でしたが、最近では、九寸名古屋帯を半分に折らずに開いたまま仕立てる方も多いです。胴の部分をご自分の好きな幅でお締め頂けるからでしょう。

また、八寸袋名古屋帯は、胴を半分に折って仕立てられる方もいらっしゃいます。ご自身の寸法があまり広くなく簡単に且つ早く締められるためと思います。このようにご自身で締めやすいように仕立てて頂いた方が宜しいかと負います。


 

◇名古屋仕立て
一般的な仕立て方で胴に巻く所から手先まで半分に折って仕立てられています。

裏              表                 三角部分(ここから先お太鼓の部分)
       

メリット
○松葉仕立てよりも半分に折ってある部分が長いため着用がさらに楽です。

デメリット
○胴回りまで半分に折ってあるため、胴の部分を好きな幅で締めれない。
○松葉仕立てより、たたみにくい。

 

 

◇松葉仕立て
手先だけ半分に折って仕立てられています。

裏               表              表              裏
              

メリット
○手先が初めから半分に折って仕立ててあるので、着用が楽です。
○胴に巻く部分は折らずに仕立ててあるため、着用時にご自身の好きな幅にすることができます。
例えば、背の高い人は、半分にこだわらず見える部分を広めにとりお締め頂くと全体的にバランス良く見えます。

デメリット
○たたむ時にたたみにくい。
○帯をたたむ時の三角山の部分に折れスジができます。

 

 


◇おそめ仕立て(袋名古屋帯)
袋帯と同じ形で、垂先から手先まで半分に折らず、お太鼓の幅で仕立てられています。長さは、袋帯より短く通常の名古屋帯の長さです。別名袋名古屋帯とも言います。

 

 

 

名古屋帯の使い方


名古屋帯は、ちょっとしたパーティや、買い物や催し物などのお出掛けといった、カジュアルな場面で使うものとされているのが一般的です。その生い立ちから、従来の正式な帯(袋帯)を簡略化したものというイメージが強かったことと、もう一つ大きな理由として、名古屋帯は袋帯などと異なり、お太鼓になる部分が短く仕立てられているために「一重太鼓」と呼ばれるお太鼓になります。よって結婚式のように祝いの席では、良いことが重なりますように、という縁起をかついで、袋帯を使った「二重太鼓」の方が好まれます。しかし一重太鼓の名古屋帯が全くダメという訳ではありません。むしろ結婚式などの礼装において重視すべきは袋帯とか名古屋帯とかという種類ではなく、生地の良し悪し(禁止銀糸使用)や絵柄が格調高い(おめでたい図案等)が重要となっております。
よってイメージだけで判断をせず柄や使っている糸を見て重みのある名古屋帯ならばセミフォーマルとしてお締め頂けます。
喪服の帯は、フォーマルな場といえ「悪いことが重ならないように」という意味をこめて一重太鼓が多く用いられます。
 

 

 

名古屋帯と袋帯の違い


袋帯は表と裏を縫い合わせた形で表と裏が輪になります。長さも袋帯の方が60~70㎝以上長いです。お太鼓の部分を二重にするために(二重太鼓)その分だけは長くなります。(4m~4m30cm程度)
 

名古屋帯はお太鼓になる部分はそのままで、残りを半幅の形に仕立てた名古屋仕立てや手先を折らない鏡仕立てや額縁仕立て、手先を少し折った松葉仕立てがあります。名古屋帯の長さは3m60㎝程度で、仕立てる前は総尺(布端から布端の長さ)約4.7~5mくらいです。お太鼓も一重ですのでその分だけ軽くて締めやすいです。

 

 

 

帯の格について


・袋帯→フォーマル

・名古屋帯→セミフォーマル

このように合わせられます。

こちらは、帯結びは(振袖の変わり結びを除けば)二重太鼓の方が一重太鼓よりも格が高いため、当然、礼装は二重太鼓となっています。ただ、フォーマルな場である喪の場面では、帯は、一重太鼓で、不幸があった場合に『重ならないように』の意味で黒共名古屋帯が使われます。袋帯でも最近はカジュアルな柄ものが多く出回っており、袋帯だからといって全部がフォーマルかというと、そうではありません。礼装用として装うのであれば、金銀箔が入ったものが一般的で、古典的な柄の帯や箔や刺繍入ったようなもので、豪華な袋帯を合わせると良いでしょう。。錦織や佐賀錦、唐織、つづれ織りの袋帯などはぴったりです。
 

 

 

 

 

 

 

 


配送方法 配送料金について
配送はヤマト運輸でお届けいたします。
ヤマト運輸
日時指定は、クロネコヤマト便の配送時間帯に応じた日時・配送時間指定は、承っております。
ご希望がございましたらお電話もしくはお問い合わせまでお気軽にご連絡ください。

詳しくはこちらより

お支払い方法

【クレジットカード決済】

上記のクレジットカードがご利用可能となっております。
 支払い方法 : 1回払い・2回払い・リボ払い・分割払い(3回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回)
※分割回数は、お客様のクレジット状況・ご契約内容によりご利用できない場合がございます。
また、お支払い回数によっては手数料はお客様負担となります。
お支払い総額は、以下の通りです。
(商品代金+消費税+送料)
※分割回数はカード会社により異なります。また、お支払い回数によっては手数料はお客様負担となります。

【銀行振込】
山陰合同銀行 益田支店(普通)3678055  [名義人]株式会社むらたや 代表取締役 村上 徹
ゆうちょ銀行 [記号]15320 [番号]2591361 [名義人]株式会社むらたや 代表取締役 村上 徹

詳しくはこちらより