お茶席の着物と名古屋帯

投稿日:

先日お茶会に行ってまいりました。
お道具も素敵で思わず写真を撮らせて頂きました。
こちらは、お煎茶(松月流)です。

設えもお考えになってお招きする気持ちが伝わってまいりました。

この日をはじめとし、お煎茶、お抹茶(裏千家)、お抹茶(表千家)と
続きました。

どのお茶席もお道具が素晴らしくて、色々とお聞きしました。
残念ながらカメラを忘れたり、カメラを持っていっても充電してなかったり
でこの後は、写真がございません。皆様に是非ご覧いただきたいと思って
おりましたが残念です。
初めて拝見するお茶碗もございました。
お抹茶(裏千家)は、お茶碗が出雲焼で、どっしりとしたお感じで
次席の方は京焼で豪華絢爛な染付でした。棗は、大棗で動物の柄に螺鈿が
張ってありしゃれていました。

表千家さんもまた、お茶碗からお棗や水差しも素敵で目の保養をさせて
頂きました。

お運びをされる方は、無地だけでなく、少し柄のあるとび柄小紋などを
お召しになられている方が多いように感じました。遊び心をお出しになられ
ている方もいらっしゃって、楽しませていただきました。

気軽なお茶会でしたら、こちらの
江戸更紗あたりをお召し頂いても素敵です。

主張しすぎず、控えめ過ぎずと丁度いい感じになるのではないでしょうか。


こちらのような名古屋帯で合わせても宜しいかと思います。
軽くて締めやすく真冬と真夏以外はお締め頂けます。


こちらは七宝柄の名古屋帯で、小森謹製の帯ですので生地もしっかりしていて
七宝の紫色が江戸更紗の柄のお色にあってバランスが良い合わせ方です。
帯締めを濃いお色にして全体を締めると感じにすればバランスが良くなるのでは
ないでしょうか。

こちらのようなこげ茶の名古屋帯で合わされても全体が締まっていいです。

 

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

本日よりお出かけ着物と名古屋帯セール

投稿日:

小紋・お召し・名古屋帯を最大50%offにさせて頂きます。
この機会に秋から新年にかけての着物と帯をお誂え下さい。

お薦めのお品(小紋)

新年に向けて、初釜、弾き初め、新年会、観劇、コンサートなど
来年の初着に良いお薦めのお着物です。

パーティーや新年会にいかがですか。

蛍ぼかしの着尺に伊勢型紙浪漫全通の名古屋帯を合わせています。
こちらの名古屋帯は、軽くそして薄い印象ですので真冬以外でお締め頂けます。
春先から単衣時期と初夏そして秋に最適です。

蛍ぼかしの着尺は、小紋にしても宜しいですしコートや道行にされても
良く重宝するお品です。

重宝する名古屋帯です
藤原織物謹製の名古屋帯です。しょうは織ですので、お茶席はもちろん
入学式、卒業式など改まったお席に着物を無地や付け下げにされても
問題なく、格のある帯です。柄も松や梅や桜などが施されていますので
新年にお締め頂けます。

名古屋帯それぞれ

気軽に観劇やショッピング、お稽古事やお茶会のお手伝いなど、合わせる
お着物によって幅広くお締め頂ける名古屋帯です。

江戸更紗です

生地も風合いもしっかりしていて着物にされると異国も感じさせるけど
日本独特の染付が情緒を感じさせてくれる粋なお着物です。

お薦めの名古屋帯のコーディネイトです。

こんな感じで同窓会や新年会、忘年会とお召しになってください。

 

生地のしっかりした京染め小紋と藍色の名古屋帯です。

メリハリの利いた合わせ方です。藍色の名古屋帯は一本お持ちですと便利です。

小紋着尺としゃれ袋です。

こちらの小紋はおしゃれに粋に合わせることができます。
又、道行にも適しています。

是非ご覧ください。

お召し一覧はこちらより
小紋一覧はこちらより
名古屋帯一覧はこちらより

少しだけご紹介させて頂きました。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

お茶席にあう着物と帯

投稿日:

天気が良いのは、今日までと言うことですが、明日からは
実感はさほどないのですが段々と秋めいてくるのでしょうか?
お茶会も今週末から来週にかけてございます。

そんなお茶事茶会の装いについてです。
茶席は、お茶やお菓子からお道具、しつらいまで主催する方(亭主)の
思いが込められています。お客様を思いながらどうおもてなしをしようかと
誠心誠意の心でご準備をされます。
招かれた方は、会の趣向に合った装いを心がけると共に、大切なお道具類を
傷つけないように気を配ることが大切です。

[着物と帯]
お茶を初めて習う方、あるいは初めて茶会に出かける方にお薦めが
一つ紋付きの色無地又は江戸小紋です。色無地の着物は、帯を変えることで
様々なお茶会にお召いただけます。
格のあるお茶会は、訪問着や付け下げ、色無地などに袋帯をお締め下さい。
小紋や紬は、ごく親しい方のお茶会などにお召いただくのが宜しいかと思います。
ただ、最近無地では寂しいとおっしゃられる方もいらっしゃって、そんな時は
とび柄小紋にしゃれ袋などを合わせられる方もいらっしゃいます。
お出かけにも良い装いとなります。
≪お茶席向きの訪問着と袋帯≫

帯を変えずに着物に変化を持たさせてみました。

かなり重みのあるお着物です。帯は白地の袋帯で高島織物謹製です。
留袖に合されても十分なお品です。

≪付下げ≫

≪お薦めの帯≫
左の辻が花の付け下げに

中央の付け下げには

右の付け下げ
柄が少なめですのでメリハリのある格の高い袋帯を選びました。

≪左より色無地・無地のぼかし(斉藤三才)・紬≫

≪無地付け下げ(坂井教人作)かたくり底柄≫

上の無地付け下げに華やかな【となみ謹製】の袋帯を合わせてみては
いかがですか。

[衿元]
お茶会の際の衿元は清潔感のある白半襟を用いましょう。
たまに「刺繍衿や色半衿はどうかしら?」と尋ねられます。こちらは少し
華美になりがちで茶室の雰囲気とそぐあない場合がございます。注意して下さい。
留袖や色留袖、訪問着など格のある着物の場合は、白半襟を多めに出すと
品格と重厚感のある装いとなります。
衿元を詰めすぎ折ると若い方ですし、下げ過ぎないほうが良いです。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

お茶席とそのお着物

投稿日:

今月に入りお茶会が続いております。
先月の終わりは、お月見の会で美しいお月様を拝見しながらお煎茶を
楽しみました。

野外でされましたのでまた違った雰囲気でよかったです。


結構早くながれてきますので取り損ねないように気を付けました。

お抹茶コーナーもございました。

昨日も一昨日もお茶会があり素敵なお道具も拝見させて頂きました。
皆様のお着物も色々と拝見させて頂き勉強になりました 。

とにかく10月というのに暖かくて袷をお召しになっていますが襦袢は半襟を変えた縦絽だったり、麻だったりと色々と工夫をされていらっしゃいました。

お召しが入荷いたしました。
[牡丹唐草文様]

[立菱段文様]

[雪輪重ね]

[花菱と割菱文様]

縦横とも強撚糸の先染めの糸で織り上げた平織の織物です。徳川家の11代将軍である家斉(いえなり)が、好んでお召しになられたことにより「お召」と呼ばれたという事です。縦糸につよい撚りをかけた八丁撚りという糸を用い、横糸にも一般の縮緬よりも撚りのつよい御召緯という糸を使うことによって、縮緬独自のしぼがより大きく、はっきりとあらわれるところに特色がございます。一般に和服では織りよりも染のものが格が高くなります。お召しは、織物の中で格が高いので、略礼装で着用できます。洋服で言うと、タキシードまで必要ないけど、スーツ着用のパーティーなどにお召し頂けます。お茶席のフォーマルとしても、洒落感でお食事をされても宜しいので重宝します。

帯のお薦めは、

[炭黒地色に立湧唐草]

このような帯にされるとメリハリが利いておしゃれにお召いただけます。
気軽なお茶席に是非どうぞ。

[網目織間道文様のベージュ色で六通]
独特の文様となっておりますので、しゃれ感をお出しいただいてお締め下さい。
グレーのお召しに合わせるとメリハリが利いていて素敵です。

こんな感じの小紋に合わせられてもおしゃれです。

お茶席に良い付け下げです。

こちらの着尺を小紋としてお召いただくも良し、コートとしてお召いただくのも
宜しいかと思います。

付下げです。お茶席にいかがですか。
モダンな感じの印象ですが、お茶席や七五三の付き添いや入学式・卒業式
などにお召し頂けます。

こちらの付け下げは、これからの時期にお茶席向きです。
もちろんパーティー等にも宜しいかと思います。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

七五三の時のお着物

投稿日:

徐々に七五三のお着物が出始めました。
最近は写真とセットで着付けをしていくら?というレンタルが
多いみたいです。
その考えも一つかもしれませんが、残る写真の出来が悪かったら
ショックですよね。
私共のお客様で着物は自前で他のドレスはレンタルして思い出の写真
を色々と撮られた方がいらっしゃいます。ただその方が許せなかったのは
着物の色が写真すると違うお色に写っていて着物の持つ雰囲気と違い
たいそうショックを受けておられました。
「この金額を取ってこのクオリティーはないでしょ。」
その方は、違う場所で家族でスナップ写真のようにキチンとした写真屋
さんに撮って頂いた写真が鮮明で綺麗に撮れていたので尚更でした。

写真を撮る方の腕もあると思いますが、ごまかすためにかどうかは分か
りませんが、台紙に写真を貼るのではなく台紙に印刷をされていて
ぼかしまで入っていて色味が変わってきているのは間違いなかったです。
最終的には何を主で選ぶのかはお客様次第ですので、思い出ですので
失敗、後悔はされませんように。
[七五三に良い着物]

[訪問着]

こちらのような大人しめの訪問着で七五三の付き添いのお母さまの装い
又は、お茶席、入学式や卒業式にあうお着物です。
柄は少な目で控えめとなっており主役のお子様を立てている感じがします。
[付下げ]

七五三の付き添いならば、付け下げでも宜しいかと思います。
左は、辻が花を絞りで施しています。

こちらの着物は、

こちらの加納幸の帯をお締め頂くと相性は宜しいかと思います。
ピンク地の辻が花のお着物ですとメリハリが利いて大変良いと思います。

中央の付け下げは、雲取りで柄を施してありその雲取りの中におめでたい柄
打ち出の小づちや巻物などの七福神が持っている付属品が描かれていたり
雲取りの中に絞りに見せた柄や観世水に花が浮いた感じなどが施されています。


こちらの付け下げにこの袋帯はいかがですか。

こちらもメリハリが利いて相性が良いと思います。
正倉院文様ですので格高くお締め頂けます。

淡いグレーのこちらの付け下げは、昔話にでも出てくるような母屋が
描かれていて、その付け下げには、


こちらの袋帯をお薦めします。

短冊の中にウロコ文様や桐や青海波や四季を問わずお締め頂ける柄
が施されていて、おめでたい柄が多いので七五三の付き添いや式典
入卒、お茶席に適しています。

それぞれ重宝するお品だと思います。

何にでも使えるとしたら
紋付の無地でも宜しいかと思います。
こちらは、万能薬のように何にでも合わせやすいしどのような場面にも
お召し頂けやすいのでおひとつはお持ちになった方が宜しいかと思います。
又は、江戸小紋やとび柄小紋あたりも便利です。無地より少し華やかになります。
但し無地より活用場面は少ないかと思います。

その辺りをお考えの上色々と揃えていったら宜しいかと思います。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

これからお嫁入りの方の為に揃えるもの

投稿日:

これから、嫁ぐあなたにお薦めのお着物です。
最近は、「着物着ないからいらない。」「着物の手入れが大変だし・・・」
色々と理由を付けて嫁入りのお仕度に着物を作らない方もいらっしゃいます。

確かに色々と面倒かもしれませんが、あれば必ず着用されます。
又、嫁ぎ先によっては、着物が必要だったと後になってお買い求めされる方も
多々いらっしゃいます。

今回は、嫁入り仕度として最小限必要なものや地域によってあった方が良いものをご紹介します。

[喪服セット]

人によっては葬儀の時着ないからいらない・・・・・とおっしゃられます。
確かに着ないからといわれれば必要ないと思われがちですが、
今は、いらないと思うだけで、後々「作っとけば良かった」と大抵の方が
おっしゃられます。
できれば、お家のお道具としてご持参された方が宜しいかと思います。

嫁ぐときに留袖を持たせられる親御様も少なくないです。
その時に留袖にするのか色留にするのかを迷われます。

若い時は、色留をお召しになって、年齢を重ねたら(40を超えたら)
黒留に染めなおす。そんな方もいらっしゃいます。

[色留袖]

シルバーグレー色に四季の花が施されています。季節は問いません。

以前染め替えをご希望された色留袖です。

染め替えた後、黒留袖にかわりました。

色留をお持ちですとこのように黒に染め替えができます。
今からお嫁入りの方はお若い方が多いと思いますので、色留袖をお作り
になられるか、染め替えはしたくないからとおっしゃられる方には。
黒留をお薦めします。

[色留袖]

[色留袖]

[黒留袖]

帯によって雰囲気が変わります。また、年齢によって帯を替えることにより
長くお召いただけます。

同じ留袖ですが、帯を派手にすると違います。

黒留袖は、あまり作り変えることはございません。この辺りの地域では、
嫁ぐときに作って持っていきその着物を大切に保管してお子様の結婚式や
ご身内の結婚式にすべてその留袖をお召しになる方が多いです。ですから
十分お召いただいてます。大切にされているとお嬢様に譲ることもできます。

先日お越しのお客様は、色留袖を二枚お買いになられ、お母様と寸法がほぼ
同じですので出る場所によって貸し借りをするわとおっしゃられた方も
いらっしゃいます。
いずれ、どちらかをお嬢様用の黒留袖にして1枚は色留として残しておくと
いうことです。

[訪問着]
お薦めの訪問着は色々とございますが、ネットに載せている中で言えば

 

こちらの訪問着は、手描き友禅の上、色々な絞りをの技法を使って柄を
施してございます。
ピンク地で若々しく見えますが、半身がベージュ系のお色ですので長く
お召し頂ける色使いとなっております。
締める帯を替えることにより表情も変わります。
柄は絞りを使ってますので華やかでどの方がご覧になっても納得がいく
素晴らしいものと一目でわかります。

[無地付けさげ]
いざという時は、無地が一番重宝します。
こちらは、無地より格が上がります。
坂井教人作  かたくりの図柄を生地に織り込んでいますので、無地感の
付下げの柄付となっております。肩山は、無地となっていますのですっきりと
した印象を受け、帯も合わせやすくなっております。

こちらは、上の着物と色違いで綺麗なベージュです。
名物裂の袋帯をあわせてみました。
所によってはお通夜の席は、必ず無地をお召しになる地域もございます。
そんな時の為に無地(紋付)をお作りになったら宜しいかと思います。

着物を着られる時は必ず晴れとは限りません。
できることなら雨コートと道行は持たせて差し上げたら宜しいかと思います。
よく言うのが、雨コートは2度作ったら良い。初めは若い時に、次は、60近く
なってからお作り頂くとずっとお召し頂ける柄や色を選べるからです。
道行も若い時と年配になってからですと色味も変わってきます。
初めに40代くらいまではお召いただけるような色合いでお作りになって
次はご自身が必要ならお作りになれば宜しいかと思います。

嫁がせるときに持たせてあげられるとしたらこの位はお揃えになられた方が
後々お嬢様にとっても着回しができるのではないでしょうか。

お稽古事をされている方ならば、小紋と名古屋帯を持たせてあげられるのも
助かると思います。
[小紋と名古屋帯]


小紋は先日入荷したばかりのお品です。
このように着回しのきく着物やどのような色柄にも合わせやすい名古屋帯を
お求めいただければ重宝致します。

これだけのものを一度に揃えるのは大変ならば、徐々に揃えられてご準備
されておくといざという時に困りません。
思い立った時にお考え下さい。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

お出かけの小紋と帯(名古屋帯・袋帯)

投稿日:

京小紋は、小紋柄を多色づかいで染め上げた着尺地が
特徴です。あでやかで、はんなりとした色合いはいかにも
京都らしい優美な華やかさがございます。

今は9月ですので単衣仕立てにしてお出かけにお召し頂いたり
袷にすれば10月から4月、5月まで風格のある外出着としてお
召し頂けます。

その小紋を羽織やコートに仕立てて無地っぽい紬の着物に羽織ると
なかなか素敵です。

              ⇓

長めの道行コートをお仕立て致しました。
若いお嬢様のお仕度にお持ちになられるそうです。

[京小紋]


こちらは、お薦めの紋意匠生地にとび柄小紋で白色の古典文様に金の縁取りを
施してございます。若い方からご年配の方までお召いただけるお品です。

合わせる帯について

[名古屋帯]

お茶席やパーティー、観劇や入園式・卒園式、入学式・卒業式や七五三の
お母さまの召しものに、又は、謝恩会や格式の高いコンサートの改まった
お席に重宝するお名古屋帯です。
とび柄小紋はもちろんですが、無地や江戸小紋、付下げに合わせることが
できる格のある名古屋帯です。

[名古屋帯・八寸]

メリハリを出したい方は、こちらの織成帯をお薦めです。
大変締めやすく季節の植物が施してありますので季節を問わずお締め頂けます。

[袋帯]

こげ茶色の生地に上品な華文を形や大きさを変えて位置してございます。
控えめな地色により柄が華やかになり嫌味のない品格を表しています。
軽くて締めやすい袋帯となっております。淡い色のお着物に大変マッチ
すると思います。

[袋帯]

白っぽい生地に淡いグレー色をぼかしてあります。そこに円のような異国を
思わせる柄を施してあり、中世的な感じのする袋帯です。とび柄小紋に合わせて
お出かけ用の着物としてお召し頂けます。

[小紋・雪輪ぼかし]


こちらも無地感でお召し頂ける小紋です。
「四海波」とは、日本を取り巻く四つの海の波の通称で、国の内外が平和で
ある事を文様化したものです。お茶席やお出かけのお着物として、入学式や
卒業式にお召し頂いても宜しいかと思います。

あわせる帯としてお薦めは

小森謹製の名古屋帯です。しなやかに織り上げた生地に七宝や若松菱を
施してある合わせやすく締めやすい名古屋帯です。四海波の雪輪ぼかし
の小紋に合わせるとメリハリも効いて大変しっくりくると思います。
お茶席はもちろん、観劇や七五三のお供をされるお母様や若いお婆様にも
お薦めです。

[袋帯]

お茶席にお召しいただくならしゃれ袋帯でも宜しいかと思います。
こちらは、スリーシーズン(夏以外)お締め頂ける帯で尚且つ全通
いわゆる手から垂まで同じ柄が施されていますのでどこを出されても
大丈夫ですので、締めやすい帯です。これからですと、炉開きや
忘年会でお召し頂けます。比較的合わせやすい帯の地色や柄ですので
気軽にさりげなくお締めください。

[七五三のお供のお母様にお薦めの訪問着と袋帯]


訪問着は紋意匠に様々な技法の絞りを巧みに使い描いた柄です。若いお母様や
これからお嫁に行かれるお嬢様に“むらたや”一押しのお品です。
ここまでのお品ですので、袋帯も柄的に重みのあるものでないと合いません。
そんな時に品よく合わせる帯としてお薦めなのが
“白綾苑大庭”の袋帯です。ネットにはまねっこした帯も多数出ておりますので
気を付けてください。



こちらが白綾苑大庭の品質表示証紙番号です。

こちらが、白綾苑大庭の帯であるという証拠のマークです。

良い品をお安くご提供できるように“むらたや”は、日々精進していきたいと
思います。
分からないことがございましたら、遠慮なくお電話して頂ければお応えを
させて頂きます。

 

 きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

 

50代からの着物と帯~小紋・袋帯・名古屋帯~

投稿日:

50代となるとお子様から手が離れ自分の時間を作れる年代です。
だからこそ、習い事はこれからの趣味として始められたらいかがですか。

私共のお客様で、着付け着方教室や茶道を習う方、華道、箏、習字など
色々です。習い始めると「着物にも興味が湧いたわ。」とおっしゃられ
新規のお客様が増えた気がします。

もちろん最初は、ある着物を有効利用して頂いてます。
サイズ直し、染め替え、羽織を名古屋帯に等々色々と多岐にわたります。



こちらは、八掛だけ付けて仕立てました。(お化け仕立て)
そうすると9月の終わり位のまだ暑さが残っているに日にはお稽古に
気軽なお出かけに重宝するということでこのような仕立てにされました。

こちらなら半幅あたりを結ばれても宜しいと思います。
気軽なお茶会にご出席なら名古屋帯をお薦めします。
[弥栄織物謹製]


淡く優しい表情のライトベージュ色の帯地です。そこに異国の情緒あふれる
唐草花を品良く配置しています。 小紋や織りのきものにコーディネート
していただけます。お気軽にオシャレを楽しむことができます。

 

[小紋と袋帯]

正絹小紋 [江戸五嶋紐監修・ライトパープル色]
西陣織袋帯【弥栄織物 謹製】(更紗丸華文)

小紋は、お茶席や発表会、展覧会やパーティーやレセプッション、観劇や
コンサート等々、着用シーンは幅広いです。この辺りのクラスの小紋をご
用意されると色々と重宝致します。
本来年齢を問わないお着物ですので、帯で雰囲気を替えて頂ければ宜しい
かと思います。
合わせている帯は、あまり重厚感がございませんので気軽にお締め頂ける
袋帯となっております。更紗の柄を使った創作文様となっていて 袷のお着物
にはもちろんの事、6月や9月の単衣の着物にもお締めていただける、スリー
シーズンの袋帯です。

ライトパープルの小紋に合わせるとしたらこちらの名古屋帯はいかがですか?

九寸名古屋帯(正絹)【山田織物謹製】「和紙彩紐織・お太鼓柄」です。

上の小紋のお色に対してメリハリが利いていて、尚且つパープル色が小紋の
お色と和紙に色とりどりの箔を貼り付けた柄がマッチして統一感もございます。

帯締めは、暖色系で全体を締めて帯揚げは淡いクリーム色やグリーンでまとめたり
逆に濃い茶あたりでキリッとさせるのも宜しいかと思います。

[小紋と名古屋帯]


一つの着物に色違いの名古屋帯を合わせてみました。
山田織物謹製の「彩色網目織間道文様・ベージュ色とブルーグレー色」です。
網のような立体感ある地紋の中に、ところどころ帯締めかと間違えるようなストライプが配置をされオシャレ感覚のなかにも高級感があります。 見る角度によって様々な表情を見せてくれる名古屋帯です。全通の帯ですので、贅沢且つ締めやすい名古屋帯です。

[小紋と名古屋帯]

小紋は丹後ちりめん生地の紋意匠に唐花文様が施されています。
柄は、吉祥文様として四季にこだわらず身に着けることができるので
重宝します。気軽なお茶会に招かれたり、ご友人とのお食事会、これから
ですと忘年会・観劇等々とお召し頂く場面はいろいろございます。
帯は、弥栄織物謹製の名古屋帯で草花文様・黒色・六通ですので合わ
せやすく重宝します。こう合わせますとメリハリが利いています。

[江戸小紋と袋帯]


袋帯は、小倉織物謹製の四代目 蔦屋九兵衛の代表作「蔦」シリーズです。
こちらは、くれぐれもネット通販はやめて欲しいとのことですので
本店舗「むらたや」にて販売」をしております。
お気に召しましたらお電話もしくはこちらまでご連絡くださいませ。
ご対応させて頂きます。

[東京染め小紋(貞子好みより)と袋帯]

東京染め小紋は、生地が柔らかく単衣向きです。
袋帯は、にんな織物謹製で有職唐花・濃茶 ・おしゃれ袋帯・六通ですので
観劇・お茶会・お稽古色々と活用できます。お色は濃い目ですので淡い
とび柄小紋や無地に合わせるとしっくりします。

[東京染め小紋(貞子好みより)と袋帯]

 
小紋は、東京染め小紋の貞子好みより綺麗なライトブラウンの色を基調と
して、シルバーグレーとシルバーブラウンの細かい格子柄を施している
オリジナルの一品です。帯も合わせやすい色合いですので色々と楽しめます。

着物にされてお茶会、観劇、同窓会、忘年会と活躍の場は多いです。
又、コートや羽織にされてもおしゃれです。なにかと重宝する一品です。

他に合わせるとしたら

加納幸 謹製のお洒落帯「破れ市松柄」
薄いベージュ色の地に、細やかな鹿の子絞りのような柄で、ランダムな
市松模様を配置した上品なお品です。 モダンでもあり、シンプルな柄です。
さりげなく織りこまれた金銀糸が、華を添えてくれています。
ホテルでのパーティーやレセプション、お茶席やお稽古ごとでの発表会に
最適なひと品です。

きもの むらたや  

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

可愛い一つ身と羽織の仕立て

投稿日:

先日ご注文をされた、一つ身の着物と羽織のお仕立てが
出来上がりました。仕立て屋さんも一つ身は仕立てたことが
あっても、一つ身の羽織は初めてだったみたいです。
お品が大島でしっかりとした生地ですので、なかなか針が
裁ちにくく大変みたいでした。

でも、頑張って頂いたおかげで大変可愛い一つ身と羽織が仕立て
あがりました。(羽織に限っては、衿の所を折り返さず半纏のように
お仕立てをしました。)

[着物]

[羽織]


裏は八掛のみですべてまかなえました。

こちらは、お母様のお着物です。日本の風景が描かれています。

肩山から身ごろを取ると規則的に柄が左右同じ位置に来るように描かれ
ています。

こちらも独特の生地でその生地でないとなかなかこのようなお色が出せ
ないという、それほどしっかりとした生地です。
多分今は、こちらのような商品は見かけません。貴重だと思います。


[江戸更紗]のご紹介です。

江戸更紗は型紙を使い、刷毛を使って生地に直接色を刷り込んで染めて
いきます。こちらはステンシルのようなイメージで、グラデーションの
ようなぼかしの表現もすることができ、何色にも染め分けられている
のが特徴です。
更紗とは、元々インドから発祥した文様で、タイ、ジャワなどの
東南アジアや中近東のペルシャで使われていた文様ですが、室町時代に
渡来し、江戸時代末期に型染めと更紗の技術が融合して江戸更紗が誕生
したのです。

これからのお茶席や観劇、忘年会などの皆で集まってのお食事会やコンサート
色々と着用場面があるお薦めのひとしなです。

帯はこちらのような名古屋帯をお薦め致します。

お色はシックな濃い茶系ですので上品に合わせられます。
お茶席、お稽古ごと、気軽にショッピングなどお洒落にお召いただけます。

同系色で合わせるならば、こちらの名古屋帯をお薦めします。


美濃和紙を折り込んでいて同系で合わせることにより、帯の柄が引き立ち
帯を締める帯締めもいきてきます。
是非、ちょっとしたお出かけからお茶席のようなしきたりが強い場面での
およばれにいかがですか。お色もベージュですのでお着物も合わせやすい
と思います。

 

こちらは、紬の生地の袋帯です。

柄は古典調ですが、江戸更紗と相性の良いピンクで仕上がってございます。
きっとおしゃれな感じになると思います。
西陣でも名門中の名門として歴史を重ねてこられ、特に唐織の世界では他の
メーカーの追随を許さないほどの格式を誇る織元の「藤原」さんです。
唐織はとくに最高の技術で織られた逸品です。

きもの むらたや  

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

 

むらたや店舗の半年に一度の大バーゲン

投稿日:

本日より本店舗(むらたや)で売り出しを催します。

紬・付け下げ・訪問着・小紋・名古屋帯・袋帯と色々と取り揃えてご
ざいます。

一番のお薦めは、お仕立てあがあり10万円(税抜き)コーナーと冬喪服
のセットお仕立て上がりで¥137,000(税抜き)です。
生地も仕立ても国内ですのですので安心です。
[紬]

[訪問着]

落ち着いた綺麗なブルーお色を使ってございます。人とは違う雰囲気の
お着物をお探しの方にお薦めです。牡丹を抽象化したような花[唐花]で
花・茎・葉を刺繍で施しています。豪華さもあり上品さも兼ね備えています。

[小紋と名古屋帯とお召]~10万円コーナー~

染の北川謹製の小紋(左)
となみ織物謹製名古屋帯(左から2番目)
・お召し(中央)
・白綾苑大庭謹製の名古屋帯(右から2番目)
・しゃれ袋帯
他多数ございます。

[四つ身]

今年は早くからお問い合わせがありました。着物だけやハコセコだけと
単品ですでにお買い求めのお客様がいらっしゃいました。

[一つ身・男女]

赤ちゃんがお生まれになると宮詣着をご用意して先方に持っていきます。
こちらも早々とご用意をされた方もいらっしゃいます。
少し遠くの方ですので、こちらにお越しの折に予約して帰られました。
その方も、そろそろお生まれになるころだと思います。

[袋帯・礼装準礼装用]

加納幸謹製袋帯(左)
いづくら謹製
となみ織物謹製
服部織物謹製 (右)

 


吉村織物謹製 の袋帯(左)
川上織物謹製の袋帯 葛飾北斎図案手織佐賀錦(中央左)
大光謹製の袋帯(中央右)
弥栄織物謹製の袋帯(右)

[付下げ]

[冬喪服フルセット]~お仕立て付き~

帯・襦袢は多少柄がございます。お好きな柄をお選びいただけます。

[帯締め帯揚げ]

江戸組紐・五嶋紐が揃っております。(3割から5割引)
帯揚げ(国産で発色がきれいです。)

などなどと商品を取り揃えてます。
お時間があれば是非お越しください。

サイトに載せていない商品が多々揃っております。
気になった商品がございましたら遠慮なくお電話もしくはこちらまでメール
にてご連絡下さい。

 

きもの むらたや  

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで