小紋と名古屋帯~今年最後のSALE

投稿日:


只今、ショッピングサイトでは、お仕立て付きで30%offのSALEをしております。

これからの季節にお薦めの小紋のご紹介です。
忘年会や新年の初詣、気軽なお茶会等々活用は多岐にわたります。
柄は「松文」ですので間違いのない柄である程度のお席でしたら着用が可能です。
反幅が1尺5分ございますので、裄の長い方でも安心してお仕立てができます。
(但し、裄が2尺を超えると袖幅と肩幅の振り分けを考えて仕立てます。)

12/10を過ぎると自動的に画像が飛ばなくなります。
その時はこちら迄ご連絡くださいませ。

こちらの小紋に合わせるお薦めの名古屋帯は

西陣織九寸名古屋帯【藤原織物謹製】
「紹巴織り華唐草柄・淡いクリーム色・総通」


「紹巴・しょうは」という名の由来に明確な史実がないのは残念ですが、
一説では千利休の弟子の「里村紹巴」から名をとった説があります。
その紹巴という、しなやかな帯地に優雅なムードのある華唐草模様があし
らっています。
正にお茶席向きのコーディネートです。
12/10以降はこちらよりご覧ください。

ちょっと気軽に観劇や同窓会や忘年会、新年会などには、メリハリをつけて
こちらはいかがですか↓↓↓
九寸名古屋帯【山田織物 謹製】六通「彩色網目織間道文様」

西陣織の高い技術で織り上げた名古屋帯です。 網のような立体感ある
地紋の中に、ところどころ帯締めかと間違えるようなストライプを配置
して、オシャレ感覚のなかにも高級感を出しています。

こちらも12/10までセールとなりますのでそれ以降はこちらを ご覧ください。

~お知らせ~

始めました(#^.^#)
インスタグラムアカウント murataya_official

LINE公式アカウント   http://nav.cx/3I9gGp7

是非お友達追加して旬な情報を仕入れてください。

ご要望、お聞きになりたいことがございましたら下記をご記入の上
送信してください。お返事に数日かかることもございます。何卒、宜しくお願い申し上げます。

お茶席の着物と帯~50代・60代

投稿日:

お茶の世界では、これから炉開きとなります。

きものを着用されてお稽古をされると所作がかなり変わります。

気軽な小紋でも良いので是非お稽古にも着物を着用して下さい。

気軽なお茶会と正式なお茶会と色々とございます。

ここでは、気軽に出席できるお茶席用やお稽古に良い着物と帯をご紹介します。

そして最後に、先日入荷したばかりのお茶席向きの袋帯をご紹介します。

こちらは、生地が葡萄唐草蔦文の紋意匠生地に
江戸小紋の柄にある極鮫が施してございます。
一見江戸小紋の鮫?と感じられます。
然しながら東京で染めてなく型は伊勢型紙ではございません。ですので江戸小紋
とは言えないのですが、気軽に着られる着物であればこれからの季節に良いお色で
江戸小紋風ですので、お茶会でもお稽古でも着用できます。

これからですと忘年会や新年会、同窓会などにもお召いただけます。

お色は少々違いますが、鮫はこんな感じです。

こんな感じで合わせると宜しいかと思います。


メリハリがあって良い感じです。
小紋は、まだショッピングサイトには載せていません。
帯は、二本とも西陣織名古屋帯【山田織物】です。

京友禅染とび柄小紋[松文様柄]

ブルーグレーのお色のちりめん生地に小さな松文が飛んでいる様を施してある小紋です。反物の幅が1尺5分ございますので裄の長い方にもお仕立てができます。

着物は、年代は問わない方だと思います。
グレーは、お茶席向きとされていて柄は、松の文でとび柄ですので尚更です。

合わせる帯は、しゃれ袋でも宜しいかと思います。
例えば、こちらいかがですか?

正絹西陣織袋帯 【吉村織物謹製】備長炭染 全通

羅織物に見られる独特の「よろけ模様」を二重だてにして織上げ、幻想的な
帯の表情を作り上げました。総通しの全通ですので、お太鼓の部分を気にし
なくてすむ安心なお品で、軽くて、しなやかな締め心地です。

西陣織袋帯【華陽織物謹製】「牡丹唐草文様」

 

とても軽くて結びやすい袋帯です。六通ですので、お太鼓部分を深く考えずに
結ぶことができる重宝する一品です。

 

~お薦めの袋帯~

こちらは、藤原織物謹製の袋帯です。
色が数色ございますので、ある程度のきものに合うと思います。
紋付色無地、付け下げ、訪問着、留袖等々格の高い着物に合わせられます。

 

こちらの藤原織物の帯についてお聞きになりたい方は下記のお問合せフォーム
から遠慮なくご質問下さい。
(こちらは、まだショッピングサイトには載せておりません)

~お知らせ~

始めました(#^.^#)
インスタグラムアカウント murataya_official

LINE公式アカウント   http://nav.cx/3I9gGp7

是非お友達追加して旬な情報を仕入れてください

小紋と名古屋帯

投稿日:

秋のお茶会があちこちで催されています。

昨日のお話ですが、
Aさん「今度のお茶会に何を着る?」
Bさん「多分、昨日肋骨にひびが入って痛いのよ。どうしよう。
くしゃみも咳もすると痛いのよ。」
「でも、今回は宗匠がお越しになられるから出たいわ。」
Aさん「何とかなるわよ。」等々と

お茶会迄の過程も楽しんで悩んでおられます。

 

【お薦め名古屋帯】

 

白綾苑大庭の名古屋帯
黒地に「源氏香に秋草文様」付け下げや無地、江戸小紋やとび柄小紋にどうぞ

黒地はどのようなお色とも合わせやすい、決めかねているときには
必ず重宝します。

特選西陣織九寸名古屋帯【となみ織物謹製】「九百佐賀錦・市松に四季の花」

市松の中に四季折々の色々な柄がありますのでスリーシーズン結ぶことが
できる重宝する帯です。

 

九寸名古屋帯(西陣織)【藤原織物謹製】「紹巴織り華唐草柄」
お茶席には重宝する名古屋帯です

 

 

 

【お薦めの小紋】

京染め[江戸五嶋紐監修・ライトグリーン色]

【品 質】

100%
生地 丹後ちりめん
日本の絹
スタンプ
有り
無形文化財 五嶋敏太郎の世界
の復元版
とび柄・ウロコ模様
ライトグリーン
長さ 13.0m
生地幅 38.0cm

 

正絹小紋 京染め[唐花文・パステルグレー色]お茶会や研修会などにどうぞ

【品 質】

100%使用
生地 丹後ちりめん
日本の絹
スタンプ
有り
パステルグレー
唐華文
長さ 13.0m
量目 700g
生地幅 約38.0㎝ 

 

~お知らせ~

始めました(#^.^#)
インスタグラムアカウント murataya_official

LINE公式アカウント   http://nav.cx/3I9gGp7

是非お友達追加して旬な情報を仕入れてください

秋の小紋と名古屋帯

投稿日:

「秋から冬そして春」これからにお薦めの小紋のご紹介です


こきいろというこげ茶のようなあずき色のようなチョコレート色のような
お色が混ざったような品のあるお色で、友禅染で桜をモチーフに変形させ
た桜の花を流れるように施してございます。

お茶席、これからですと初釜にお召いただくことができます。
桜は、古くからどのような時代であっても好まれてきました。紋様とされる
ようになったのは、平安時代の頃と言われています。
春の花として知られていますが、日本の代表的な花いわゆる国家の象徴の花
とされてからは、写実的な紋様の着物以外は、季節を問わず着るようになった
ので、おめでたいお席に着る着物の柄や大胆に図案化された桜を振袖に用いて
います。

それだけ、「桜」は日本人にとって近しい存在と言えます。

<豆知識>
桜と楓を組み合わせた文様「桜楓(おうふう)文様」がございます。
それは、春と秋の花を合わせた日本人独特の嗜好でできた文様です。
春秋対象の美を文様化もので絵画の題材とされていた図案で季節を問はない
と言われています。

この様に繊細で細やかな日本人の感覚で作られた文様も多々ございます。

合わせる帯としてお薦めなのは、こちらです↓↓↓

白綾苑大庭の名古屋帯です。格が高く上の小紋とですとメリハリも付き
良い感じになるのではないでしょうか?
※こちらは、まだサイトにアップしておりません
お問い合わせはこちらからどうぞ

[小森織物]

[藤原織物]

こんな感じで合されても宜しいかと思います。

こちらは、本日サイトに載せたばかりのほやほやの小紋です

紋意匠生地にプラチナ箔を使用して松文を施してございます。
とび柄ですので、お茶席や観劇、新年会や同窓会、食事会などと色々と
お召し頂くことができます。


こちらは、京染め[紋意匠に飛び柄華文]で、小紋のお色がきちんと反映
されていません。サイトの方に近いお色となっております。

画像で伝えるのは難しいですね(;^_^A

名古屋帯は、そのままのお色に近いです。
有栖川文様の鹿です。お茶席には地変重宝するお柄です。
上の小紋(ミントグリーン)に合わせても良いのではないでしょうか。
こちらは、まだサイトに載せておりません。ご連絡を頂けるとお応えいたします。

~お知らせ~

始めました(#^.^#)
インスタグラムアカウント murataya_official

LINE公式アカウント   http://nav.cx/3I9gGp7

是非お友達追加して旬な情報を仕入れてください

大切な日のお着物

投稿日:

最近の振袖の傾向ですが、その子によって好みは違います。
ただ、どの子にも言えるのは、「他の子と似た感じのは嫌だ」と思って
いる子が殆どです。

実際みんなの中に入った時に目立ちたい。大勢の子が着る色は着たくない。
そういう希望が多々あります。

そんな中で、晴れ着だから華やかにと考える子もおられます。

成人の日の晴れ着をまじめに考えている子たちを見ると
それだけ、着る機会が少なくなった中で大切な式でだから
「こだわりたい」という着物への憧れが感じられます。

何はともあれ、喜んで成人の日を迎えてくれることは親にとっては
有り難いことです。

帯を替えてみました。黒っぽい桜の柄の帯が大変気に入られて
帯から決めた感じです。

こちらの振袖もお嬢様にはとても似合っていて良かったのですが、写真で見ると
上のお色の振袖には負ける感じがしたみたいです。

ここからは違うお嬢様です。↓↓↓


こちらは、違う方ですので好みも異なります。
写真をのばしたので画像が粗くなっていますが、古典柄でお似合いでした。
でも、こちらの振袖を大変気に入ってくださいました。↓↓↓(わかる気がする)

確かにこちらの振袖の方が、見栄えも良いです。質も良いです。かなり
お得なお値段にさせて頂きました。

お嬢様が振袖を着られる時にご一緒に着物を着られて記念撮影なんて
素敵ですよね。
気取らず小紋で控えめにとお考えの方はこちらはいかがですか?

とび柄小紋ですとこちらがお薦めです。
プラチナ箔を使用したとび柄小紋です。お茶席にも良いです。
こちらは、入荷したてですのでまだサイトに載せていません。

訪問着や付け下げが良いわと言われる方にはこちらはいかがですか?


こちらクラスですと普通のお茶席だけでなく特別な茶会や初釜、入卒のお式
結婚式に着用できます。帯は、令和の帯で特別に作られたものです。
こちらは、ネットには載っていません。袋帯は絶対にショッピングサイトには
載せないで下さいと念押しをされたお品です。
この袋帯は、色々な場に(喪以外)結べて重宝するとっておきのお品です。
気になる方は⇒こちらからご連絡くださいませ
もしくは、0856-22-0098までご連絡いただけるとご相談にのらせて頂きます。

~お知らせ~

始めました(#^.^#)
インスタグラムアカウント murataya_official

LINE公式アカウント   http://nav.cx/3I9gGp7

是非お友達追加して旬な情報を仕入れてください

詳しいことがお聞きになりたい方は、お電話もしくは
こちらから お問い合わせくださいませ。

只今セール中ですのでお得です。

 

 

 

おもてなし~和の心~

投稿日:

おもてなしとは広辞苑によると、「とりなし」「つくろい」「たしなみ」
「ふるまい」「挙動」「態度」「待遇」「馳走」「饗応」となっています。
それは、平安・室町時代に発祥した「茶の湯」からといわれています。
大切な方やお客様への心配りをすることで、日本の美しき「和」の文化と
言えるでしょう。
元来、おもてなしとは、もてなしに「お」を付け丁寧語としたもので
「ものを持って成し遂げる」と「表裏のない心でお客様をお迎えする」
という意味です。

そう考えると、やはりお茶の世界に通ずるものがございます。

昨日、個人的に大切なお客様がお越しになられました。
数日前から「寄らせて頂く」と連絡を頂いてましたので、準備を始めました。

取り敢えず、テーブルこちらは、日ごろ納戸にしまってある輪島塗のテーブル
を出して、お茶碗を選らび銘々皿を選びと二日前から悩んでいました。

「お菓子」は、と色々と考えたあげく(ネットで探したり)日にちもないと
いう事で地元の和菓子屋さんに出向き
「おめでたい」と「秋らしさ」を表すお菓子を作ってくださいとお願いしました。
そして当日の午前中に取りに伺い無事にお迎えすることができました。

 

 
皿は、「むらたや」の先々先代が求めたもので価値はあまりないかもしれませんが
歴史を刻んんでくれた器ですので是非にと思い久々に出して使いました。
茶碗は、京焼です。急須は、もっと違うものを使いたかったんですが、人数が
5人でしたのでそこそこ入れられるものでないとと思いこちらにしました。
湯さましの器も少し大きめにしました。

何とか、無事におもてなしができました。
多少の失礼があったかもしれませんが、私にとっては、今できる最大のことだと思っています。最低限のマナーに基づきながら、気軽にお話ができたと思います。

つくづく、お茶を習っていて良かったと思います。

お薦めの小紋と名古屋帯です

名古屋帯:特選西陣織九寸名古屋帯【白綾苑大庭謹製】「源氏香に秋草文様」
小紋はもちろんのこと、無地や付け下げにも合わせることができる格のある
名古屋帯です。

小紋:正絹小紋 京染め[紋意匠に月象紋のとび柄]
とび柄ですので、無地感覚で着用できます。気軽なお茶会には重宝します。
また、ご友人とのお食事会などにも宜しかと思います。
月のがらですので、単衣にされても良いですし袷でも何も問題はございません。

名古屋帯:特選西陣織九寸名古屋帯【白綾苑大庭謹製】
色々なお色が使ってあるので小紋の色目は何色を合わせても概ね合います。
合わせやすい帯と思います。

小紋:正絹小紋 京染め[唐織紋意匠に葵文様・薄クリーム色]
こちらは画像よりはるかに良いです。
先日、色違いをお求めの方が単衣にされて着用されていたところを拝見しました。
とても涼し気(蒸し暑くても)に上品に着られていました。

只今、セール期間中です。
30%off~50%offとなっております。

 

~お知らせ~

始めました(#^.^#)
インスタグラムアカウント murataya_official

LINE公式アカウント   http://nav.cx/3I9gGp7

是非お友達追加して旬な情報を仕入れてください

ショッピングサイトにまだ載せていない商品もございます。
詳しいことがお聞きになりたい方は↓↓↓こちらからお問い合わせくださいませ。

小紋でお茶会

投稿日:

段々と涼しくなってきました。

着物を着てお出かけなんて素敵ですよね。
気取らず、着慣れた感じの装いですと普段使いになります。

先日、お茶会行かせて頂いた時、ほとんどの方が小紋の単衣を
着られていました。まだまだ暑い日でしたが見た感じが涼しそうで
素敵でした。
とび柄小紋にしゃれ袋をされている方もいらっしゃって、全体的な
お色は、初秋らしい着物と帯の組み合わせでした。

 


小紋は、東京染小紋(正絹)です。
帯は、西陣織袋帯「華陽謹製」です。しゃれた感じですがお茶席には
重宝する袋帯です。
格が高すぎず、とび柄小紋や江戸小紋から色無地や付け下げまで合わせられます。

全体的に茶系ですので秋にお薦めです。裏も薄く帯自体が軽いですので長い間
結んでいても楽な方と思います。心持暑い日には宜しいかと思います。
これからのシーズンは重宝します。

こちらは、とび柄小紋九寸名古屋帯(正絹)【創作帯いまむら謹製】

しなやかに織り上げられたホワイトグレーの地色に牡丹唐草を施した
全通の名古屋帯となっております。グレーといっても淡いお色ですので
上品に結んで頂けます。
牡丹柄が数色のお色で表されていますので無地や江戸小紋にあわせると
どのようなお色を持ってこられても帯合わせが簡単です。

こちらは、小紋は初めの小紋と同じものです。
名古屋帯は、色違いをのせてみました。違った雰囲気になります。

小紋はこちら
名古屋帯はこちら

帯によって雰囲気がガラッと変わります。だから楽しいんです。(#^.^#)

只今、30%~50%offとなっております。
是非こちらからご覧ください⇒きものむらたや

~お知らせ~

始めました(#^.^#)
インスタグラムアカウント murataya_official

LINE公式アカウント   http://nav.cx/3I9gGp7

是非お友達追加して旬な情報を仕入れてください

ショッピングサイトにまだ載せていない商品もございます。
詳しいことがお聞きになりたい方は↓↓↓こちらからお問い合わせくださいませ。

気軽に小紋と名古屋帯

投稿日:

こち上品な柄の小紋に格のある名古屋帯を合わせてみました。

特選西陣織九寸名古屋帯【となみ織物謹製】「九百佐賀錦・市松に四季の花」

藤原織物の名古屋帯です

しっとりと柔らかく滑らかな大変心地の良い生地です。紋意匠生地に淡いパープルグレー色の地色に縦長に唐華柄を施したとび柄となっています。柄自体は主張しないので、帯も合わせやすいお品です。ショッピングサイトでは細かい紋意匠が
分かりにくいと思います。こちらからですと地紋の感じが良く分かります。
柄も分かりやすいです。


金彩加工で縁取りされた柄に、白で染めた古典的な花柄を、品良く
飛び柄にあしらっています。 京染めではありますが、柄の雰囲気はまさに
東京感覚のオシャレな小紋です。
丹後ちりめんの中に菱模様を地柄で配置して、見る角度によって地模様の
表情が変化します。
画像が悪いので実質のお色とは多少異なります。「ライトパープル」

合わせている帯は有栖川文様です。

こちらは、お茶席に重宝する名古屋帯です。
紺地で有栖川文様独特の柄行です。とび柄小紋に合わせましたが
江戸小紋や無地にも結べます。メリハリがついて又、これから先も変わらない
柄行ですのでいつまででも安心して結ぶことができます。

近直、ショッピングサイトにも載せる予定です。

~お知らせ~

始めました(#^.^#)
インスタグラムアカウント murataya_official

LINE公式アカウント   http://nav.cx/3I9gGp7

是非お友達追加して旬な情報を仕入れてください

ショッピングサイトにまだ載せていない商品もございます。
詳しいことがお聞きになりたい方は↓↓↓こちらからお問い合わせくださいませ。

秋の着物と帯

投稿日:

お月見の会も過ぎ、本格的な秋に近づいています。

10月、11月になるとお茶会が色々と催されますので、着物をお召しになる機会が
増えてきます。

【訪問着と袋帯】

特選西陣織袋帯【京藝謹製】「白眉・吉祥文様尽くし」正装・略礼装に

特選西陣織袋帯【加納幸謹製】「縦雲取草花文様 金色・六通柄」

正絹西陣織袋帯 【帯清謹製】「植物や自然の柄文様」正装、準礼装

同じ訪問着に三種類の袋帯を合わせてみました。
格のある帯ですのでここらクラスの訪問着で合わせられと大変上品に
着用できます。

【小紋と名古屋帯】


全体的に紫系となっておりますがまとまっていて上品です。
帯締めや帯揚げで色々と遊ばれると楽しいです。

~江戸小紋・江戸更紗・坂井教人作無地付け下げ~


上段左 [四海波・雪輪ぼかし・グレー色]
上段中 秋月洋子監修 [格子柄・ライトピンク色]
上段右   [紋意匠生地に華縁取りに染びったと吉祥文様]

下段左 [紋意匠生地に蛍ぼかし]
下段中 [唐花文・パステルグレー色]
下段右 [往年の名女優・沢村貞子好み・サーモンピンク色]

それぞれ、写真が暗くて分かりにくいとは思います。
その時は、WEBサイトの方でご覧ください。

 

~お知らせ~

始めました(#^.^#)
インスタグラムアカウント murataya_official

LINE公式アカウント   http://nav.cx/3I9gGp7

是非お友達追加して旬な情報を仕入れてください

9月からのお茶会

投稿日:

九月になりましたが、まだまだ暑い日が続きます。

観月会(お月見の会)が9/14に催されます。
流石に浴衣という訳にはいかず大急ぎで単衣を縫って欲しいと言われ
今、仕立て屋さんは大忙しとです。
9/23日に着用の単衣の紋付も入ってますので尚更です。

この様に、今からがお茶会が催されお着物を着る機会が多くなります。
そこでお薦めの袋帯のご紹介です。

こちらは、出来上がったばかりのほやほやの袋帯です

本袋全通  墨黒色です。
これからのお茶席に重宝する帯です。

淡いお色の付け下げや無地に合わせられると長く結ぶことができます。

例えばこちらの訪問着に合わせたらいかがですか?

メリハリがあり宜しいかと思います。

こちらの付け下げに合わせられ手も宜しいかと思います。
元々着物がおとなし目ですので帯でメリハリをつけられると
全体的に映えるのではないでしょうか。



上前です

【名古屋帯】有栖川文様
地色は、紺です。まさにお茶席向きの名古屋帯です。
小紋、江戸小紋、無地、付け下げには、合わせることができる
格のある帯です。

お薦めの小紋
東京染め小紋~貞子好みより~


国産の丹後ちりめんを使用。光沢のある生地に季節を問わない柄付で
すので、単衣にも袷として着られても宜しいかと思います。

とび柄小紋

金の縁取りに白色の古典文様の柄を飛び柄として品良く配置してあり
地色はまさに品格を感じさせる淡いクリーム色。
都会的なセンスあふれる高級小紋を有栖川文様の名古屋帯と合わせても
素敵なお茶席向きとなります。

~お知らせ~

始めました(#^.^#)
インスタグラムアカウント murataya_official

LINE公式アカウント   http://nav.cx/3I9gGp7

是非お友達追加して旬な情報を仕入れてください

ショッピングサイトに載せていない商品がございます
こちらからお問い合わせもできます。

普通にショッピングサイトからのお問い合わせもできますのでご利用ください。→ お問合せ