秋のお薦め着物と名古屋帯

投稿日:

【網代のきもの】

網代紋とは桧皮(ひわだ)や竹、葦などを細く薄く削って斜めや縦横に編ん
だものをいう。(お召しの組織化したもの)

こちらのきものに合わせるお薦めの帯

希少価値の高い「織成袋なごや帯・安藤織物謹製」です

つづれ織りの一種ですので、無地、とび柄小紋、江戸小紋、柄の少ない
付下げに合わせたり、普段使いですと大島や結城などに結ばれてお出か
けされても宜しかと思います。

こちらは塩瀬の帯です。栗山吉三郎の染です。

同系色系統ですが合わせた時、上品な感じになります。
こちらのタイプはパターン1ですたれの部分が無地となっております

パターン2

パターン2の方はたれに柄がございます。どちらでもお仕立は可能ですが、
メーカー推奨は無地です。その方がすっきりしています。それからたれの部分が柄になるとそれだけ帯の長さが短くなります。

こちらの帯に
お手持ちの大島や結城紬に合わせても素敵です。ちょっとした会にご出席
の場合にはおしゃれになると思います。

 

こちらの小紋に塩瀬の染帯を合わせても素敵です。
気軽なお茶会でしたら重宝する合わせ方です。

 

おしゃれにお召しになりたい方にお勧めのきものはこちらです
秋月洋子監修 [格子柄・ダーク・ブラウン色]

着物は勿論ですが、コートとしてもお仕立ができます。
秋ですので濃いめのお色をお薦めしてみました。

特選西陣織九寸名古屋帯【織楽浅野織物謹製】


大変シンプルな柄行ですたった一つの線がポイントです。その線をどの位置
に持ってくるかでお太鼓の雰囲気が変わります。これだけシンプルですので
着物は総柄の小紋など持ってきても粋になるのではないでしょうか。

色合い柄行からいって上の秋月洋子監修格子柄のきものに合わせてもおしゃれです

 

正絹小紋 京染め[紋意匠に飛び柄華文]

金彩加工で縁取りされた柄に、白で染めた古典的な華文をとび柄にあしらった
上品な小紋です。

同系色の塩瀬の帯に合わせてもいいですし、
黒地にブルーの菱柄の八寸なごや博多帯【大倉織物】に合わせてもおしゃれです

こちらは、小紋の柄の雰囲気と似た感じですので尚更マッチします。

こちらは袋帯です

お茶をされる方にも絶大な人気を誇る「名門ふくい」の袋帯です。
しなやかで、ハリ感のある帯地で、軽く、スリーシーズン用に作られた帯です。
帯地が薄くて軽いのでこれからの季節にはちょうど良いです。
あえて時期を限定してお勧めするなら、秋の単衣、秋の袷のお着物にどうぞ

 

スリーシーズンのコート

投稿日:

これからの季節に「着物と帯だけはちょっと不安だし気恥ずかしいわ。」とか
「着物と帯が汚れたりするから羽織るものがいるわ」とおっしゃる方が
いらっしゃいます。

そんな方の為に、また、オシャレに羽織りたい方の為にお薦めコートを
ご紹介いたします。

【奄美大島本泥染め技法のスリーシーズンコート】

【奄美大島本泥染めスリーシーズン・リボンコート】

シルク100%の貴重なシルクリボン(約3.5mm幅)で編み上げた、スリー
シーズンのコートは、軽くて絹本来の優雅で光沢のある税多雨な織物です。
また、こちらのシルクリボンは裁断による解けや毛羽立ちの心配のない糸
です。

こちらのコートは道中着衿がお薦めです。

衿合わせが着物と同じ形のコートです。前に紐がついていますので、それを
結んで留めます。無地やぼかし・江戸小紋・小紋などに羽織ってください。

道中着の良さは、衿が着物の衿に沿っていて衿周りがすっきりしています。
又、裾のラインが綺麗です。

道中着は概ねカジュアルな用途としてお召しになられる方が多いですが、
素材を選べば、色無地、付け下げ、軽い訪問着に合わせることも可能かと
思います。(私の勝手な意見ですので絶対とは言い難いです。)

コートはお色、柄、素材の他に衿の形で格が決まります。正装でそれに
合わせて初めてコートをお作りになられる方は、「道行衿」をお勧めしま
す。カジュアルシーンが多い方、気軽なお茶席などにご出席の方に道中着
をお薦め致します。

【道行衿】

 

【紗のコートです】

防水加工済となっております。また、こちらは道行衿でも可能です。
これからの季節には最適なおしゃれなコートとなります。

こちらはまだ、サイトにアップしておりませんが近直アップします。
なかなか思うようなお色が出ません。

気になる方は、こちらよりご連絡してください。
直にご覧いただきたいと思っております。

又は、下記のお問い合わせフォームからでも構いません。