お盆について

投稿日:

もうじきお盆ですね。今年は自粛でお墓参りに行けない方も多いと思います。
せっかくですので 年中行事の「盆」についてお話をしたいと思います。

【お盆はいつまで?】
お盆は、旧暦の7月15日を中心に行われる先祖の霊があの世から現世に戻って
きて再びあの世に帰っていくという日本古来の「信仰」と「仏教」が結びついて
できた行事です。多くの地方では8月13日が「迎え盆」8月16日が「送り盆」と
れていてその4日間をお盆としております。
(先祖の魂を迎え、送り出すまでのお盆の儀式を言います)
所によっては、7月一杯をお盆とする地域や旧暦どおり7月15日を中心に行う地域
がございます。
貴方の地域はいかがですか?

【お盆のいわれと由来】
お盆の正式名称は「盂蘭盆会」(うらぼんえ)と言います。
先祖の精霊を迎え追善の供養をする期間を「お盆」と呼びます。

※精霊馬(しょうりょううま)→キュウリとナス
キュウリとなすびに割りばしを刺して馬と牛に見立てたもの
「なす牛キュウリ馬」

キュウリは馬のたとえです。お盆の時に少しでも早く現世に戻れるよう
にという願いを表現しています。
ナスは牛を表していて、お盆が終わって帰る時にのんびりと。
いわゆる、久々の我が家をかみしめながら帰っているのではないでしょうか。

一説には、精霊がキュウリの馬に乗り、牛は荷物を乗せて帰れるようにという
意味が込められているとも言われています。

簡単にまとめてみました。いかがでしたでしょうか?

お盆を過ぎれば「残暑」になりますが、まだまだ暑い日が続くのではない
でしょうか。

お家で過ごすのに着物で生活をしてみてはいかがですか?
いつもと違た印象を受けますよ。

夏の着物(着尺・羽尺) 普段使いにどうぞ

夏の結婚式にはこちらをどうぞ

袋帯:夏・特選西陣織袋帯【大光織物謹製】「華唐草文様・六通」
着物:正絹高級付け下げ 絽 五泉の生地


袋帯:夏・特選西陣織袋帯【大光織物謹製】「松と唐華互い違い菱型・六通」
着物:正絹高級付け下げ 変わり絽 丹後ちりめんの生地

LINE公式アカウントのQRコードです⇓

七夕

投稿日:

明日は七夕ですが、あいにくの雨で天の川は見えそうにありません。
寂しいですね。

ところで、七夕を“たなばた”と読むのはなぜでしょう。
「たな」とは棚のことで、「はた」は機なのです。
七夕の夜 神を迎える為に、水上に棚づくりをしてその上で女性が機を織る
ことからきた言葉のようです。
しかも、それが七月七日の夕べの行事だったので『たなばた』に『七夕』の字
を当てたのです。
万葉集では、「織女」と書いて「たなばた」と読ませています。
新古今和歌集では、七夕となっています。

ともあれ、機(はた)を織る祀りからきたものですから、
七月七日は、夏のきものの日と言えるのではないでしょうか。

本日は、夏の着物をご紹介します。
言わずと知れた「小地谷ちぢみ」こちらが涼し気で良い感じです。

七夕の日の夕べに夕涼みで着られてたら素敵ですね。

帯は、普段使いの名古屋帯でおしゃれにどうぞ

“きものむらたや”に最近入荷したお仕立て上がりの名古屋帯をどうぞ

上の三点はお仕立て上がりの品です。一番目と三番目は西陣織名古屋帯です。
真ん中は、絽綴れとなっておりますが、証紙がございませんし綴れにしては
なんとお安いので、もしかしたら国産ではないかもしれません。
ただ、大変使い勝手のいいお品ですのでお薦めです。

無地の小地谷ちぢみですので、袋帯を合わせても宜しいかと思います。
その時は、こちらはいかがですか?


優しい色合いですので上品になります。ピンク系の小地谷ちぢみにも
濃いめのお色の小地谷ちぢみにも合います。

夏の名古屋帯です
併せている帯締めは、夏用帯締め五嶋紐です。

こちらの帯締めは、上の帯締めの色違いで紺色です

小物を替えるだけで雰囲気も変わります。

こちらは、麻の名古屋帯です。シンプルなお太鼓柄の帯ですが、
涼しさを感じることができる帯です。小地谷ちぢみに合わせてどうぞ。

 

夏の帯

投稿日:

6月ももう終わろうとしています。4月5月とお茶会やお稽古がなかなか
出来なかった方も多いと思います。

6月になりお稽古は始められている社中もあるようです。

先日、裄が短いから直して欲しいとお稽古帰りにその着物を着て来られました。
涼しそうなブルー紺のお色で同色少し濃いめで唐草が単調に施されているお着物
でした。合わせやすく着やすいのでお好きみたいですが、ただ、頂き物ですので
裄がかなり短い感じでしたのそれだけが気になってお直しということとなりまし
た。その後、クリーニングに出されるそうです。

来月からは、夏物だからです。

“きものむらたや”も夏物をサイトにアップすることにしました。
先日、写真撮りを終えた品がこちらです。

こちらは、袋帯です

夏<絽>・特選西陣織袋帯【京都イシハラ謹製】「厳島道長・六通」


夏・特選西陣織袋帯【大光織物謹製】「華唐草文様・六通」
お茶席向きの柄行です。夏のお茶事に是非どうぞ

私どももお仕立て上がりの帯がない訳ではございません。
しかし、殆どが未仕立ての帯です。
帯は「西陣織・博多織」帯芯は、「三河帯芯」仕立ては「国内」です。
先日、どうしても急ぎで夏帯が欲しいと言われお仕立て上がりの名古屋帯を
お薦めしたら喜んで頂きました。お仕立て上がりと言えど西陣織です。

着物も帯もですが本来はお仕立がつきものです。呉服屋に行くと何でもいつ
でもすぐ手に入る時代は既に終わっています。

しかし、寸法があまり関係のない帯でしたらお仕立て上がりの品もございます。
また、その方がお安いので喜ばれたりもします。

そちらをご紹介します。
お仕立て上がり九寸名古屋帯

夏・西陣織名古屋お仕立て上がり【京都イシハラ謹製】
帯地は、ほのかにアイボリー色で織ってあり、柄は幾何学文様ですので
気兼ねなく結ぶことができます。お稽古にどうぞ。

八寸名古屋帯

つづれのような織です。しかしながら西陣の証紙がございません。
西陣織ではないのかと思います。とうことで、目玉商品となっております。
結ばれるには何ら問題はございません。お色もおとなし目で上品です。

帯は先取りですので、今すぐにでも結べる帯です。
只今、SALEですのでこの機会に是非どうぞ。

 

夏の着物と帯

投稿日:

[夏の茶会]

高級正絹付け下げ ≪夏物≫ お茶席、観劇、夏の式典にどうぞ
この度は、お仕立て付きの上セールとなっておりますので大変お買い求め
やすくなっております。(7月末まで)

日本の四季は、きものを通じて季節を感じることができるます。
夏のきものは特にです。四季を思い感受性豊かに育んだ感情とセンスを
磨くのは、夏のきものが一番です。こちらの付け下げは、社長自ら京都に出向き
一目見て惚れ込んだほどのお品です。
むらたやが自身を持ってお薦めできる付け下げです。

合わせる袋帯は色々とございます。


菱市松の中に松と唐草文様の「金」「銀」「白」と色も分けて施して
ございます。格も有り合わせやすい帯となっております。

こんな感じの袋帯でしたら合わせやすいです。

色々和柄を目にしますが、何だろう?と思う時はございませんか?
一部ですが、ご覧ください。
【柄と名前】
☆笹づる紋

☆一重蔓菊唐草文様

☆古渡うつし 更紗

こちらの品は、先先代からのもので、問屋さんに行くと手土産に頂いていた
そんな良い時代の頃のものです。
多少、私共がお客様にお譲りしたり、茶いれの裂を作って先生に差し上げたりと
ずいぶん減りましたが、まだまだ残っております。
たまに見て勉強しております。

着物の柄とひとえに言っても、色々とございます。かなりの知識のある方でも
まだまだ見たことのない柄や名前があると思います。
わたくしなどは、もっともっと色々なものを見て勉強しないとと感じております。

少しずつですが、着物をアップしながら柄についても考えていきたいと
思っています。

江戸小紋の柄なども沢山ございますので、明日は江戸小紋の柄を中心にお伝えしたいと思います。

只今セール期間です。ご覧くださいませ。

 

夏の袋帯

投稿日:

【お薦めの夏の袋帯】

【品 質】
・大光織物 謹製
・西陣織工業組合品質表示証紙No.2362
・正絹 (絹90% )ポリエステル5%、レーヨン(金属糸等使用)5%

・日本製
・六通
・柄 夏の変わり織りに菊や梅、垣根、波 等
・裏地は絽
・クリームベージュ系
・生地幅   : 約31.5㎝
・長さ       : 約4.42m

光線により少し色が変化して見えます↓

 

こちらのような夏の袋帯は、夏の付け下げ、絽の無地、夏の訪問着など
色々と着用範囲は広いです。
右の付け下げに合わせています。

袋帯は、ネットに出しておりませんので詳しいことがお知りになりたい方は
遠慮なく、お電話もしくはこちらからメールして頂くとお返事いたします。

只今、セール中につきお安くなっております。

もうひと品ご紹介いたします

こちらも袋帯です

【品 質】
・田中義織物 謹製
・西陣織工業組合品質表示証紙No.1832
・正絹 (絹100%、金属糸等使用 )

・日本製
・六通
・柄 菱上の市松柄に松や唐草文様
・裏地は絽
・オフホワイト系
・生地幅   : 約31.0㎝
・長さ       : 約4.42m

ご覧の通り、松も唐草文様も金と銀と白糸でほどこされていて格の高い
袋帯になっております。
夏の結婚式やお茶会にどうぞ。

裏は絽目になっています。

こちらも、セール対象商品です。お気軽にお問い合わせくださいませ。
お電話でも構いません。お気軽にどうぞ。