春のお薦め小紋と帯

投稿日:

これからの季節、春らしい小紋でお茶席はいかがですか?
こちらの小紋は、京友禅染高級小紋[橘桐菊文様]です。
文様からみてもおめでたい雰囲気がございます。お色も明るめですので
春からのお茶席にお薦めです。

こちらの小紋にお薦めの帯は、
帯屋捨松の帯はいかがでしょう。明るい感じになります。

お太鼓柄ですが、おとなし目のピンク地に唐華文様を施していて
正に、季節を問わない仕上がりになっております。

もっとメリハリをと思われている方には、こちらはいかがですか?

こちらは、特選西陣織八寸名古屋帯【安藤謹製】です。


八寸か~・・・・と思われるでしょうが、
こちらの帯は、織成(しょくせい)袋なごや帯といって、綴れ織りの一種です。
古くは正倉院に伝わる「七条織成樹皮色袈裟」という裂地から再現された格式
の高い技法です。こちらを織ることができる方は今の所高齢の方おひとりで、
その方が織ることができなくなったら二度と手に入らないお品です。
格も有り、価値の高い逸品です。最近の八寸にしては少しお高いかと思われま
すが価値を知っている方は決してお高いとは言いません。
それだけ自身のあるお品です。
特選西陣織八寸名古屋帯【安藤謹製】「市松に梅松柄・織成なごや」お茶席・観劇・お食事会など

特選西陣織八寸名古屋帯【安藤謹製】「市松に梅松柄・織成なごや」お茶席・観劇・お食事会など

こちらは、蔦を境に桜色とサンドベージュを交互に施してある
小紋です。お茶席やお稽古にお薦めの小紋です。
これからの季節ですとお花見にもご友人とのお食事会にどうぞ

こちらに合わせる帯は、メリハリがあった方が全体に締まった感が出るのでは
ないでしょうか。

九寸名古屋帯(正絹)【創作帯いまむら謹製】「牡丹唐草文様・全通」です。
京都で織っていますが、西陣織の団体に入っていない為、質は良いですし
格安となっております。全通ですし、締めやすい。唐華のお色が多種ござ
いますので着物のお色も色々と合わせやすいと思います。こちらの小紋は、葡萄唐草の紋意匠に極鮫を施してある小紋です。
江戸小紋柄ですが、本物とは違いますのでお値段に差がございます。
しかし、お茶会やお稽古、お食事会、お花見といった気軽にお召しに
なるのでしたらここらクラスで楽しまれても良い時もあるのではないで
しょうか。

 

こちらには、九寸名古屋帯(正絹)【山田織物謹製】
「三彩織格子柄・淡いピンク色・総柄」などいかがですか?

こんな感じに合わせるとメリハリもあり明るい感じになります。

九寸名古屋帯(正絹)【山田織物謹製】「有職文様段・六通」

こんな感じで合されてもおしゃれです。おとなし目になります。

こんな感じで帯を合わせるのは、結構楽しいものですよ。

きものむらたやのLINE公式アカウントはこちらです⇓:
https://lin.ee/pqRjwDg

お友達追加して新しい情報をgetして下さい。

~着物と帯の選び方~

投稿日:

着物と帯の色を同系色でまとめている方がっしゃいます。
これは、明らかに洋服の影響と思います。スーツと同色の靴を履き、バッグも
同色にする。
更には、アクセサリーまで・・・・
と言う風に全身を同色に
揃えていると落ち着いた感じになり、洋服の場合には
悪いとは思いませんが、
面白みに欠ける気がします。
もっと冒険をみても良い気がします。

その点、「着物と帯の色」、伝統的な組み合わせ方は素晴らしいと思います。
大胆な組み合わせで、粋なムードを演出する。
そんな美的センスの伝統は受け継ぐべきだと思います。
若い方で、このような着こなしをされている女性の場合、必ずと言って良い
ほど立派な祖母が
いらっしゃって、いつも良いアドバイスをされているようです。

核家族化の進行とともに、誇るべき良いものが失われていく
のは残念です。
これをカバーするのも呉服屋の使命の一つと
思います。
お客様のお好みに迎合するだけでなく、
色々と提言助言をしていき、お客様との
間に信頼関係を
築いていくことも大切なことと思います。

商品を売るだけでなく、お客様に合ったセンスをご一緒に考えていければと思っ
ています。

基本、帯の色は着物の色の反対色、もしくは着物の柄の中のお色で合わせるとおさまりがよくマッチします。メリハリが大切と言う事でしょうか。そして、帯締めで全体を締める。又、ご年配の方は、帯締めで色気をだす。ともいわれます。全体が同系統なら尚更帯締めでアクセントを付けて下さい。どう合わせたらいいのか分からない時は、帯締めは帯の中に使ってあるお色を選ぶと合わせやすいです。
帯揚げは、着物と帯の橋渡しのような存在ですので、着物の中のお色をひとつ選んで合わせるとマッチすると思います。粋にとお考えの方は、帯揚げに濃いめのお色で帯締めは、しゃれ感のある柄の帯締めにされると雰囲気が変わってきます。

この様に、着物のマッチングは楽しいですよ。何度もすれば慣れますし、目も肥えてきます。是非ご自身の合わせ方を工夫して下さい。

こちらは、同系色でまとめてみました。これですと、帯揚げは淡いベージュ
帯締めは金加工されているエンジ色・ブルー系のと金加工そんな感じが良い
かなっと頭に浮かびます。一番いいのは実際に載せてみることでしょう。
着物:こちらより
帯 :こちらより

春=桜のイメージです。桜をモチーフにした三段色の中に桜の花びらを
施した上品な名古屋帯です。着物は、五嶋紐監修のとび柄小紋です。
着物:こちらより
帯 :こちらより

緩やかな格子の文様の小紋にしゃれ袋を合わせました。
お花見、ご友人とのお食事会、お稽古など色々と着用して頂けます。
着物:こちらより
帯 :こちらより


こちらは、どちらかというとお茶会に是非お召しになって頂きたいです。
着物:こちらより
帯 :こちらより

 

是非、春の茶会、お花見、お食事会と着物を着る機会を増やしましょう。
そして、帯の合わせ方、帯締め帯揚げの合わせ方を楽しんで選びましょう。

☆きものむらたやWEBサイト:https://www.kimono-murataya.com/
☆LINE公式アカウント:https://lin.ee/pqRjwDg
こちらは、いち早くお得商品、新入荷商品が分かります

お薦めの帯~30%off~

投稿日:

只今50%offの商品のSALEをしております。
引き続き50%offの商品以外の30%offSALEを開催します。
こちらは、2月29日までです。

特にお薦めの帯のご紹介です

☆特選西陣織袋帯【岡文織物謹製】「唐織・藤花草華文文様」

 

☆特選西陣織八寸名古屋帯【安藤謹製】「市松に梅松柄・織成袋なごや帯」

織成(しょくせい)とは綴織の一つです。
古くは正倉院に伝わる「七条織成樹皮色袈裟」という裂地から再現された
格式の高い技法です。軽くてしなやかで、綴織に準ずる格式をそなえてい
ますので、「お茶席向きの装い」と言って間違いないでしょう。
芯を入れる必要がないため、軽くて結びやすいという利点もございます。
一般的な袋帯に劣らない格がありますので、二重太鼓の帯結びが苦手とい
う方や、柄の位置を気にせずに結べるという利点がございます。
八寸名古屋帯の中では、お値段がかなり高めでございますが、自信をもって
お薦めできる逸品です。

正絹西陣織袋帯 【洛陽織物 謹製】 「乱菊、六通」お茶席や観劇に

黒地に三色の菊が施されています。
菊の中央が、水柿色・金糸雀色・藍白色で外側の色とメリハリがあり菊の
動いた感が感じられる柄となっております。
しゃれ袋として粋な雰囲気で結んで頂けます。帯に動きが感じられますので
無地に結ばれてお茶席に是非どうぞ。

 

特選西陣織袋帯【山城機業店謹製】
「雪輪取吉祥文」結婚式や披露宴、改まったお席にどうぞ

能装束唐織は、西陣を代表する織物「唐織」
綾織地の上に多彩な色糸を使い、 柄を刺繍のように縫い取りで織り出す
技法で、錦地の中で最も高級とされる織物です。
淡いグレー地に雪輪とその中には吉祥文とされるおめでたいお柄が施され
ていますので、お茶席は勿論、結婚式や結納のお席に結べますのでかなり
広い範囲で活用できますので重宝します。

※一部の商品です

LINEはじめました。
LINE公式アカウント:https://lin.ee/pqRjwDg

早くお得情報を受け取ってくださいませ。

 

 

お薦めの名古屋帯と袋帯

投稿日:

藤原織物謹製 「葡萄笹蔓文」
こちらの帯の柄には、松竹梅が施されていて、お茶席等には大変好まれる
柄行と思います。
昨日、弊社と取引している帯専門の問屋さんがお越しになられました。
こちらの社長さんは、センスが良く目利きが鋭いのでほんとに良い帯を
持ってこられます。だから目の保養にもなり私共が知らないことも教えて
頂けます。

つづれ帯とほぼ同じ技法で作られている名古屋帯もお持ちになられました。
こちらは、私共もどうしようか悩んでいた商品です。昨年おこしの時は、お色が薄かったので買い求めるのは諦めました。
今回、相当悩んだ末ですが、やはり良い帯ですので仕入れることに致しました。
そちらが、こちらの帯です⇓

織成織名古屋帯
織成(しょくせい)とは綴織の一つです。
古くは正倉院に伝わる「七条織成樹皮色袈裟」という裂地から再現された
格式の高い技法です。
軽くて綴織に準ずる格式をそなえてますので、お茶席に重宝する名古屋帯です。

しかしながら、この技法で織ることができるのは現在、西陣では高齢の
職人さんがただ一人となっていて近来こちらの帯は生産が途絶えてしまうことおtなります。それほど希少価値の高い帯です。特にこちらの帯は、目利きのある方が色出し指定をしたお品ですので、色違いはありましてもそのものズバリはみません。
早めに皆様にお知らせしたくて書かせて頂きました。こちらは藤原織物謹製の袋帯です。

色が色々と使われていて柄も松・梅・紅葉・花菱などと様々で結ばれる期間
と着用シーン幅広い帯です。だから尚更お薦めです。見た感じが地味なお色に
感じられますが、淡いお色の紋付色無地や付け下げ、訪問着に合わせると上品に
なる事でしょう。帯と同色の無地を持ってこられても宜しいかと思います。

こちらもサイトに載せる準備をしております。

LINE公式アカウント:https://lin.ee/pqRjwDg
こちらも随時、新商品をアップしております。良かったら登録してください!(^^)!

こちらの帯でもっと詳しいことがお知りになりたい方はこちらから⇓ご連絡ください。

白綾苑大庭の名古屋帯

投稿日:

今月末までのSALEです。
本日のお薦めのきものです。

こちらは、白綾苑大庭の名古屋帯です。

【品 質】
・白綾苑大庭 謹製
・西陣織工業組合品質表示証紙No.840
・地糸  絹:100%
・絵緯糸 絹80%、分類外繊維(和紙)20%

・日本製
・六通柄
・生地幅   : 約35.0㎝

重厚感を感じさせる「白綾苑大庭」の名古屋帯です。
着物のお色も色々と合わせやすいので着用範囲が広いです。
お茶席は勿論、主役にならない入学式や卒業式の式典にお召いただく
着物に合わせることもできます。
帯自体が、着用年齢が広いですので尚更、活躍の場があると思います。


LINE公式アカウント:https://lin.ee/pqRjwDg

 

 

お薦め名古屋帯

投稿日:

只今セール中につき大変お買い求めやすくなっております。

最近入荷した名古屋帯です。

【品 質】
・橋本テル織物 謹製
・西陣織工業組合産地証明証紙№602
・絹95% ポリエステル・キュプラ・植物繊維(紙)5%
・紹巴織

・日本製
・全通柄
・段文様の中に葡萄唐草、梅や松、笹、荒磯文様
・多種のお色がありますがグレーの入ったお色です

とび柄小紋に合わせやすくこれからの季節のお茶席やお茶会にいかがですか?

【品 質】
・となみ織物謹製
・西陣織工業組合品質表示証紙No.452
・日本製
・全通
・三色段続きに桜文様
・生地幅   :約35.0㎝

三色の段模様に桜の柄が施してありこれからの季節にお茶会は勿論、
お花見にも良い柄行となっております。

こちらは、袋帯です。どちらかと言えば、しゃれ袋と言えます。
とび柄小紋や無地や付け下げに合わせて下さい。
濃いめのお色で柄が雪輪というあまりお色を使っていないので、淡いお色
の地色のお着物ですとメリハリがあり宜しいかと思います。

【品 質】
・吉村織物 謹製
・西陣織工業組合品質表示証紙No.286
・絹 70%以上
・ポリエステル(金属糸風) 指定外繊維(紙)17%
・レーヨン13%
・日本製
・備長炭染 全通柄 雪輪重ね
・生地幅   : 約31.0㎝
・長さ       : 約4.4m

本日のお薦めでした。

始めました‼
LINE公式アカウント:https://lin.ee/pqRjwDg
登録して、いち早く情報を入手してください。
Instagram     :murataya_official

 

 

本日お薦めの名古屋帯

投稿日:

お薦めの名古屋帯

「九百佐賀錦」となみ織物謹製

「九百佐賀錦」と名の通り絢爛豪華です。
帯自体は、とても軽く締めやすいです。柄は金銀色和紙を使用してますので
大変重厚感があります。お色と軽さを考えると、透けない単衣のお着物に
合させることもできます。扇面型の松が幾重にも描かれており名古屋帯であれ
付下げなどにも合わせることができる逸品です。

西陣織九寸名古屋帯【高島織物謹製】
「九寸唐織 蜀江華文 白地 お太鼓柄」

京都西陣の有名機屋【高島織物】謹製の袋帯です。
白地に八角形の中に唐織で「松」や七宝柄の中は、淡いピンク色で一見花に姿を
変えた十字架の紋章にみえる華をデザインして配置しています。
花びらは金糸、銀糸、などを使い、見て美しく華やかになる帯に仕上げてござい
ます。小槌や羊歯等おめでたい柄も織り込まれております。
お茶席向きの名古屋帯です。

こんな感じで合わせると上品です。

西陣織名古屋帯【橋本テル織物謹製】「紹巴織全通」

紹巴織ですのでお茶席やお茶のお稽古、ちょっとした会食に紬や小紋に
合わせて頂ける一品です。
全通という事もありだす場所を考えずに結ぶことができます。
年齢は問わない帯ですので長く結ぶことができます。

西陣織九寸名古屋帯【小森織物謹製】「有職柄七宝に若松菱 六通」

しなやかに織り上げられたチョコレート色をベースにした帯地。
その中に細やかに七宝や若松菱を施し、おめでたいお席に良いお柄にして
ございます。何処を出されても良いですので、結びやすく淡いお色のお着物
でしたらある程度合わせやすい名古屋帯となっております。軽くてしなやか
な風合いですので、単衣の着物にも重宝する一本です。

kimono-murataya.com

LINE公式アカウント :https://lin.ee/pqRjwDg
02
こちらを登録してお得な情報をお受け取り下さい。

Instagramアカウント:murataya_official

お薦めの帯

投稿日:

本日は、袋帯のご紹介です。

こちらの帯は、留袖にも訪問着にも結んで頂ける帯です

帯の手織り職人さんにより、丁寧に織りあげられていてフォーマル向けの袋帯です。
橫段の中におめでたい正倉院の唐草模様の柄が品良く配置されています。
機械織りではなく、職人さんの手織りなので、そのしなやかさは抜群です。

特選西陣織九寸名古屋帯【となみ織物謹製】
「九百佐賀錦・市松に四季の花」

「九百佐賀錦」と名をうつくらい華やかな感じの帯です。帯自体とても軽く
締めやすいですが柄は、大変重厚感があります。
お色を考えると、透けない単衣のお着物に合されるととても素敵になります。
四季折々の草花やおめでたい柄を施してありますので、スリーシーズンお召
いただける、大変重宝する逸品です。

このタイプの(「九百佐賀錦」)名古屋帯は、他にこちらがございます。

特選西陣織九寸名古屋帯【となみ織物謹製】「九百佐賀錦・唐華・六通」

特選西陣織九寸名古屋帯【となみ織物謹製】「九百佐賀錦・梅や菊の変形柄」

LINE公式アカウント :https://lin.ee/pqRjwDg
02
こちらを登録してお得な情報をお受け取り下さい。

Instagramアカウント:murataya_official

お薦め名古屋帯

投稿日:

今年も残りわずかとなりました。

来年に向けてのお薦めの名古屋帯のご紹介をします。
こちらは、やっとサイトにアップできた品です。

「それまでは?」というとその商品はずっと棚の中で眠っていました。

以前、ブログに載せたことがあるかもしれませんが、この度サイトと連動
することができました。

【有栖川文様 鹿文】 引箔



お茶席には重宝する 品格のある柄ですのでお奨めの一品です。
付下げ、色無地や江戸小紋、とび柄小紋などと合わせて幅広いシーンで
結ぶことができる一品です。

白綾苑大庭の九寸名古屋帯は、大変珍しいお品で、名古屋帯といえど
重厚な感じを受けます。柄は、瓢箪と蔦唐草で施されています。
地色がアイボリーですのでどのような柄のお着物にも合わせやすく
お茶席等の雰囲気に溶け込みやすく格の高い名古屋帯になっています。

【予 告】
来年早々にセールを致します。(只今準備中です)
是非、この機会にご覧くださいませ。