きもの丸洗い~お勧めの着物と帯

投稿日:

11月の半ばが過ぎると七五三の揚げも落ち着き
今度は、汚れ落としのお客様の対応となります。

七五三のお着物をお渡しをする時にお伝えをしているので
私が揚げを承った方は大丈夫と思いますが、それ以外の方も
お越しになる可能性もあると思いますので、

11月19日に着物についてのあれこれ分からないことの
まちゼミを開催することとしました。

勿論、まちゼミに参加は無料です。商店会が中心となって色々な
ことを教えてるという企画です。

私共は、着物の豆知識として
☆カビ、シミの対処の仕方
☆ちょっとした汚れ落としの方法
☆保管やお手入れの注意点 等など
専門店として、お伝えする義務があると思っています。

こちらのページには色々と書いてございます
↓↓↓
きものワンポイント

   

 

11月は、お茶会が多いみたいです。

まちの活性化には喜ばしいと思います(*^-^*)

先週くらいから「この着物に合う襦袢がとか」
「この着物にどの帯があうかしら」とか
「お茶会にいくんだけど何を持ってったら良い?」
「この組み合わせて良いかしら」等など
色々と問い合わせがございます。

本日も急なことなので着物に合わせて襦袢を作るお時間が
ないので、半襦袢で半襟とお袖がキチンとある着物を着た感じに
見える出来上がりのお品をお勧めすることといたしました。
それはそれで喜ばれました。
(お値段もそれなりでしたし・・・・・)

とにかく、お客様にとって間に合うことが先決のようで
私共の考えもございますが、やはりお客様の意向が第一です。

たまに、間違った道をお選びのお客様もいらっしゃいますが

その時は、何度かご説明をしてそれでも意志が揺らがなければ
やはりお客様の思いというものは尊重しなければいけないのでは
という考えを持つべきとも思っています。

この辺りが段々と難しくなってきます。

着物はこうあるべきと言われ教えられてきた世代の私共をこれから
の世代の方たちがみたら、きっとうるさがるでしょう。

よく問屋さんとお話をするのがこの話題です。
私共のはどうあるべきか?

生き残るために❕
きものを気軽に手に取ってもらうために❕
きものを形を変えても良いから着てもらうには❕
などなど
(これは日々の課題です)

 

午前中、印刷屋さんが来られて

「今年は雪が多いですかね。かなりのカメムシを見ましたよ」
と話していました。
寒むくなる冬到来ということですね。

寒くなると着物のお色もなんとなく濃い色を好む傾向がございます。
帯はいかがでしょうか?

こちらは、「あぜなみ織」の技法
立体感を有するうねり紋様織物です。うねり紋様をがあり陰影の
あるボリューム感が特徴です。

【品 質】
・洛陽織物 謹製
・西陣織工業組合品質表示証紙No.56
・正絹
・日本製
・六通
・あぜなみ織
・生地幅   : 約31.0㎝
・長さ      : 約4.5m

 

こちらは、藤原織物の名古屋帯です「紹巴 松葉木瓜華文 六通」

【品 質】
・藤原織物 謹製
・西陣織工業組合産地証明証紙№107
・日本製
・六通柄
・絹:95% ポリエステル:5%
・紹巴の松葉木瓜華文
・濃いめのお色こげ茶
・生地幅 :約35.0㎝

 

九寸名古屋帯(正絹)【小森織物謹製】

「有職柄七宝に若松菱 六通」
【品 質】
・小森織物 謹製
・西陣織工業組合産地証明証紙№54
・日本製
・絹65% 指定外繊維(紙)レーヨン・ポリエステル
金属糸風
・六通柄
・有職柄七宝に若松菱
・生地幅 :約35.0㎝

 

 

秋月洋子監修 [格子柄・ダーク・ブラウン色]

お稽古や気軽にご友人との会食、またコートにされても
宜しいかと思います。

年齢は問わないです。
これからの季節には必要な防寒用のコートとなります。

【品 質】

100%
生地 丹後ちりめん
日本の絹
スタンプ
有り
格子
ダークブラウン
長さ 約13.0m
量目 約720g
生地幅 38.0cm

 

正絹小紋【東京染め】

 

生地は国産の丹後ちりめん。お色は 綺麗なライトブラウンを基調
シルバーグレーとシルバーブラウンの細かい格子柄を表現しています。

普段にも、おしゃれにも、気軽なお茶会にも、研修会にも
また、コートにもどうぞ

 

特選天然草木染江戸小紋

【車輪梅染・紅藍舎(東京・京都・鹿児島)】

江戸小紋の万筋、その上からいろいろな柄を短冊の中にあしらっています。シンプルな色柄行ゆえに、帯の取り合わせも幅広く、お洒落着として染帯や織名古屋帯で合わせおしゃれに粋にお召いただける小紋です。

【品 質】

100%使用
生地 長濵ちりめん
日本の絹
スタンプ
有り
伝統工芸士 関 正三郎
落款  
濃藍色(こきあい)
流水短冊万筋21世紀
長さ 12.0m
量目 約750g
生地幅 約37.5㎝

※車輪梅染のエキスを加えた草木染の江戸小紋柄

帯との組み合わせも色々と楽しめます。
これからの季節ですと着物で忘年会や新年会。
新年は着物での行事が楽しみになります。

小物を替えるだけでも気分が変わります。
是非やってみてください。

 

 

 

正絹西陣織袋帯 【洛陽織物 謹製】

【品 質】
・洛陽織物 謹製
・西陣織工業組合品質表示証紙No.56
・正絹
・日本製
・六通
・生地幅   : 約31.0㎝
・長さ       : 約4.2m

よく菊を頂きます。可愛く咲くので又今時期が見ごろでしょう。
秋の菊。これからは寒の菊。菊って結構長いです。だから締める時期も
長いです。だから重宝します。便利です。

この帯は特に重宝するでしょう。

 

名残の月の着物~口切の茶事の帯

投稿日:

 

10月は名残り月です。
これは、昨年から使ってきた茶壷お茶が底をついて残り少なくなって
きたことを名残惜しむということと、この月で風炉の惜しむ別れの二
通りの意味があります。

 

ゆく秋を惜しむ心、詫び錆の心で情緒を楽しむ。だから、

装いは、箔使いの帯やきものではなく、また派手な付下げや訪問着は
避けた方が宜しいかと思います。

帯のお勧め

 

 

帯地はとてもしなやかで、裏地も表と同じ織機で織られたものです。
表と裏が同じ糸、織機を使っているということは手間がかかってい
るということです。それは、自ずと価格にひびいてくるものです。
しかしながら、さすが織悦さん。
良いものを妥協せず作られています。
こちらは、名物裂の有悦織り太子間道です。そして全通です。
茶系のお色で太子間道を表していておしゃれに、粋に結ぶことが
できます。
上の柄は、同じ織悦さんでもルーマニア立菱縞文の有悦織りです。
そして全通です。ほのかにピンク系のお色でまとめてあり、優しい
雰囲気の帯に仕上がっています。

 

特選正絹西陣織袋帯 【洛陽織物 謹製】 「あぜなみ織」

黒地に洛陽織物の誇る、立体感を有するうねり紋様を施しています。
洛陽織物が抱える「伝統工芸師」の資格を持つ最高の職人によって
丹念に手織りで仕上げた袋帯です。織の密度が高く、着物愛好家を
うならせる仕上がりとなっております。
また、「あぜなみ織」という織成特許をとられています。

 

[お勧めの着物]

1.     無地
縫紋一つ/お色は秋を思わせる茶系、緑、紫系統で地紋のある生地より
ちりめんのしっとりしたものが好まれます。
大寄せの場合ですと無地に見えるごく細かな縞でも用いてお召しにな
ります。

2. 付下
派手めな訪問着より落ち着いた付下げ。おくみ中心に柄を施してある
附下が向いていると言えます。秋草、小菊、などの柄、縮緬にろうけ
つで施されているのも良いでしょう。秋草や辻が花の刺繍の付け下げ
いいです。

3.小紋
更紗やロウケツ染め、深みのある地色のとび柄小紋など

<ロウケツ吹雪染め小紋>

 

とにかく、おとなしめに名残惜しく去りゆくものをしみじみと
感慨深く・・・・・・・・

その後は【口切の秋】となります

[口切の茶事]

11月は茶の湯のお正月ともいわれています(*^-^*)

☆茶室の畳、障子、路地の竹垣、枝折戸、筧等青竹に新しくします

☆内口切・・・・茶壷一つに対して一度しか行われずお客も5人以下
の場合が多い。※年に一度の客に選ばれることは光栄なこと

 

[口切のお茶事に形式]

基本・・・正午形式で席入り後、すぐに壺の口切の儀式を行う
雑煮、八寸などの献立はお正月と同じとなります。
懐石の中盤に、先ほど口を切ったばかりの茶壷から
だした茶葉を茶臼で挽く音が水屋から聞こえてきます。
口切ならではの風情で厳かな緊張感の中に、挽きた
てのお茶を頂く格別なもので重要な茶事でです。

 

装い・・・正式な装いはやはり色無地紋付です。
染め抜きの5つ紋が正式ですが、そこまででなくても
3つ紋もあれば大丈夫です。(亭主や正客となれば別)
お色は、深い上品な色あいで季節にふさわしいものを
選びましょう。茶系、紫系、緑系などはいかがですか?

 

華やかなのは紋意匠でしょうが、素無地のちりめん生地は、どっしりと
重みがございます。紋生地の場合軽く感じる場合もございます。
もし紋意匠にされるのであれば、古典調の格のある紋意匠にされた方が
良いでしょう。

紋が3つも5つもつけば勿論帯は礼装用の帯を合わせます。
唐織、亀甲、松や菊、おしどりを織り出してあったりおめでたい感んが
する帯が好まれます。

百の格調高い吉祥紋
「吉祥百宝図」と長寿を願う寿をかくした「かくれ寿松文」です。
全く雰囲気の違う吉祥文ですので一本の帯で二タイプ楽しめます。
一つは色々な色の糸を使っていますので無地でも色々なお色が
選べます。お慶びの席などでしたら、この上ない後姿を演出して
頂けます。 全てのフォーマルな着物に合わせられるます。

こちらは、格が高いです。 人間国宝・大場松魚の世界を描いた
【となみ織物謹製】の「平文花鳥段重」の袋帯です。

 

【藤原謹製】「彩王朝菱文」

落ち着いたお色がベースになっていて菱型の中に青海波・紗矢型
有職菱などを織り込んだ中に松竹梅や紅葉・唐華を施してある
お茶席向きの袋帯となっております。

 

 

 

西陣老舗機屋【帯清謹製】

カチッとした帯地お締め頂いている間に馴染んで大変結びやすく
なります。金銀糸箔ですので光沢感があり華やかです。柄も、松
梅・桜や四季折々の草花、そして風景を思わせるように水辺に船
や橋の一部分を入れ込んでいて、何時お締め頂いても対応できる
ような柄行となっています。

見た目に華やかで格のある帯ですので留袖から色留袖、華やかな
訪問着や付下げ、色無地紋入りのお着物に合わせられます。

 

【秦生織物 謹製】全通

しなやかでありながらハリがあり軽い帯地です。

 

【都 謹製】「松華飾文・六通」

白地に豪華絢爛な吉祥文様で施してある格の高い袋帯です。
七宝の部分を松で施しその中には色とりどりの華文をあしらって
います。お嫁入りのお道具にも、お茶席にも、結婚式や披露のお席
にもどうぞ。

 

 

 

 

 

11月になればもっと茶会も開かれお茶をされている方はお忙しくなるのではないでしょうか?

研修会なども行われ絶えず勉強されていることでしょう。

私共の地域では、今年、追善茶会が行われたそうです。
9月の中途半端な時期なので汗もかき大変だったとの事

丸洗いにお出しいただきましたが、やはり背中がかなり大変な
事になっていました(^^;)

 

来年も供養があるとのこと。今からその対策に頭をかかえます😢

どなたか良いお知恵の方ご存じの方あればご一報ください

 

 

神在月SALE特別企画

投稿日:

 

クーポン付き特別企画について

今は神無月ですが、10月は神在月(かみありづき)
そう神様が一斉にここ「しまね」に集まる月なんです。°˖✧◝(⁰▿⁰)◜だから、私共は10月を特別な月と考えております。

「ご縁の国しまね」にちなんで皆様とのご縁を大切に考え

クーポン券付きSALEとしました。

こちらのクーポンは、今年いっぱいは使えます。

ご利用期間:令和4年12月31日

迄ございます。ゆっくりとお考え頂お買い物するお時間は

ございます。(*^-^*)

※クーポン券の発行は10月いっぱいです

それまでに会員登録だけでも済まされるとお得にお買い物が

できるかと思います。

 

地元での催事もまだ開催しておりません(-_-;)
少しずつ、お客様の不安のない人数と無理のないお日にち
で執り行おうかと思っています。3年ぶりです(^o^)丿

 

 

商品は、色々とございます。

これからですと、お勧めはお茶席に良い無地系ですか?
こちらは、とび柄小紋です

紋意匠に飛び柄桐竹鳳凰紋・寿光織

正絹小紋 京染め[紋意匠に華文様/Japanblue]

丹後ちりめんを使用し、三種類の唐華華文をとび柄で施されて
ございます。

とび柄小紋ですのであまり、全体的にあまり重たくならなければ
袋帯を結ばれても十分大丈夫と思います。逆におめでたいお席な
らば二重太鼓の方が宜しいかもしれません。重なるで・・・・・

そこでお勧めなのがこちらです
↓↓↓
服部織物の袋帯です

 

無地に合わせてみました。

 

江戸小紋で合わせても素敵です

これからのお茶席シーズンには欠かせないお着物となるのでしょう。

 

先日お客様がいらっしゃって、着物をご覧になりたいと・・・・

小紋?無地?悩まれていらっしゃていて、結局・・・・・・・・

一番よく着るものは何かしらというお話になったんです。

勿論、TOPとその方によるんですが、誰もが口を揃えて言うのは
無地とおっしゃいます。後は、紋を入れるか入れないかです。

お茶をされている方でしたら紋は必須ですが、おしゃれに着物を
着たいとお考えの方は紋は不要かも。でも冠婚葬祭の時は紋は
必要です。格が上がりますので紋を入れてください。

 

こちらに簡単に豆知識としてまとめたものがございます。
ご覧ください。

こちらの帯もお勧めです。
正絹西陣織袋帯 【洛陽織物 謹製】


白地にグレーでおめでたい松竹梅をお洒落に粋に変形させてあり
菱の形を基本に松・竹・梅他の柄を菱の形になるように描き落ち
着いた雰囲気を持つ帯です。上品に仕上がっている袋帯で色の取
り合わせがおしゃれでお茶席には好まれる袋帯です。

九寸名古屋帯

特選西陣織九寸名古屋帯【藤原織物謹製】

紹巴という、しなやかな帯地に優雅な菱や華を施してございます。
ワンランク上の帯姿を楽しみたいお方にぴったりです。
濃い目の帯地のお色に品格ある柄。洒落感がありお茶席や
お稽古事、観劇、など…またパーティーなど様々なお席に重宝
いたします。

 

特選八寸名古屋帯【繧繝霞・博多織物・全通】

春夏秋冬オールシーズン使える八寸名古屋帯のご紹介です。
「繧繝霞」その名の通りまるで霞がかかているように色が
やんわりと水平に変わっていくのが特徴。この帯の場合裏地を
付けなくても仕立てられるほど強度がありながら透け感があり
とても軽い帯です。こちらの帯地には「柄」と呼べるものはな
く玉虫色調のボカシのみで表現されていて発色もよく見る角度
によって色あいが異なり様々な表情を楽しめます。

🌸───🌸───────🌸───🌸───────🌸───🌸───────🌸

会員になってクーポンを受け取ってください\(^o^)/

秋のお茶席のお勧め帯とそれに合う着物

投稿日:

10月は本来は神無月ですが、

しまねは、神有月なんです。神様が集結して下さるんです。

だから、10月は有難い特別な月なんです(#^.^#)

私共、「きものむらたや」にとって9月は決算が終わり新たな年度の
はじまりみたいなものでこれまた大切なんです!(^^)!

 

そこで特別SALEを企画しました。

第一弾は

第二弾は神有月(かみありつき)企画10/1~25日まで
(バナーは只今作成中です)

9月は決算後ですのでお宝が眠って?いた?感じのようにえええええ
ここにこんなものがあったけぇ?てな感じで出てくることがあります。

実は昨年も染帯が出てきました。勿論80%offで
訳あり商品に出しました。喜んで頂きました。実はその帯があともう
一反あるんです。それはまだ写真を撮っていないので載せれないので
すが、今訳あり商品に載っている「加賀友禅染名古屋帯」と柄違いで
ほぼ一緒です。品質は良いです。今年はそれも写真に撮って載せようと
思います。(-_-;)

今、棚卸最中ですから二階の帯の箱からあれれと首をかしげるお品が
見つかっています。どのように売ろうか?思案中です(;^_^A

取り急ぎ私お勧めの帯のご紹介です

特選八寸名古屋帯【繧繝霞・博多織物・全通】

春夏秋冬オールシーズン使える八寸名古屋帯です。

「繧繝霞」その名の通りまるで霞がかかているように色がやんわりと
水平に変わっていくのが特徴。この帯の場合裏地を付けなくても仕立
てられるほど強度がありながら透け感があります。
それでいてとても軽い帯です。こちらの帯地には「柄」と呼べるもの
はなく玉虫色調のボカシのみで表現されていて発色がよく、見る角度
によって色あいが異なります。

だから、9月の単衣時期にもお勧めです。
また、10月の時に気軽に結びたい帯をお探しの時にはきっと最適です。
暑いのかよくわからない時期なんかににはちょうどいいでしょう。

◇紬に合わせてご友人とお食事会なんていかがですか!(^^)!
気軽にこんな紬なんていかがですか⁈

私のお勧めはこれから天気が崩れた場合や水屋仕事で気軽に
お茶会でお手伝いの時に結ぶ帯として
そんな場合には東レのシルックの小紋と合わせていかがですか?

◇東レの小紋 (幾何学模様)

結構重宝します。こちらですと単衣でも合わせでもどちらでも大丈夫😊

 

九寸名古屋帯(正絹)【小森織物謹製】

「有職段文に菊づくし 六通」
しなやかに織り上げられた淡いベージュと半色(はしたいろ)を
交互に段々で表した地をベースに、菊を施した帯となっています。
段によって、菊の表情が変化しています。お太鼓の部分の菊の
雰囲気を変えています。

こちらですと濃いめの小紋でも中間色の小紋、とび柄や小紋江戸紋
無地や軽めの付け下げなども大丈夫です。

お茶席などに重宝するお品です。これからが色々と使える帯です。
重陽の節句が9月9日ですから正にこれからがシーズンです。

重陽の節句について

お勧め無地付下げはこちら
[鎌倉友禅作家/坂井教人・八掛付き]

「鎌倉友禅」とは、凛とした決意が感じられる気品ある友禅です。
それを生み出した方が坂井教人先生。この無地付け下げの作者です。
その先生のモチーフは「かたくりの花」や「水芭蕉の花」。その方の作品
の無地です。主張しすぎないように地紋でかたくりを施しています。全体に
地紋の「かたくり」が施されているのではなく裾(上前・後・下前・衽)
とお袖(左の前・右の後)にあり他は、地紋がなくすっきりとしていて帯
も合わせやすい感じになっています。
「かたくり」の凛としたたたずまいが上品です。お茶席や結婚式や入卒など
の式典などに重宝します。八掛もついています(*^-^*)

格調をあげたいならばやはり袋帯を合わせた方が良いでしょう

結ぶ方、場所によって帯が変わってきます。
いわゆるTPOです

お茶席それも気軽な~格式のあるとなるとまたまた変わってきます。
そうなると勿論着物自体も変わりますので着物に合わせてということで
選んでみましょう。

正絹西陣織袋帯 【陰山織物謹製・箔屋清兵衛】 全通

お茶席にはちょうど良い帯です。格もあり結びやすいので重宝します。

次はしゃれ袋ですが、こちらもお茶会やパーティーなどに重宝します

正絹西陣織袋帯 【秦生織物 謹製】全通

正絹西陣織袋帯 【洛陽織物 謹製】 「輪(リン)・粋の極み」

こちらは格が高い帯です。一応、お茶会などに合わせられるように
選んでみました。

いかがですか?

ほんの一部ですが
まだまだお宝がきものむらたやにはございます。
少しずつネットにアップもしていきます。

お楽しみくださいませ(*^-^*)
又お問い合わせもお待ちしております。
お気軽にどうぞ。

※こんなものあるかしら?とか
でも良いですよ。遠慮なくどうぞ。
ただしお返事が遅くなる場合がございます
その時は申し訳ございません。多少お時間を頂く場合がございますので
何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

お勧め秋の小紋のお色や柄と名古屋帯

投稿日:

秋には、もみじが赤く染まり木の実が実ります。温かみのあるお色や柄を
お召しになると季節感がでます。紅葉は春の楓が赤くなりそれが紅葉とな
ったものです。「紅葉」は、平安時代から夏の癒やしや秋の収穫を願いた
い時観賞するようになったそうです。温かみのあるお色を選ぶと秋らしさ
を増します。

眺めて楽しむのが「秋の七草」です。

1月7日は五節句のひとつ「人日(じんじつ)の節句」で、人を大切にする
という節句。お正月のご馳走で胃腸を休めると同時に寒い季節に薬効のあ
る七草を食べることで邪気を祓って人を病気から守り、その年を健康で過
ごせるようにという想いが込められた大切な風習なのです。

 

 

9月はまだ暑いです。上旬と下旬でもまた気候も違います。ならばどんな
お色?どんな柄の着物を着たらいいのかしら?と悩んでしまいますよね
9月の着物は、秋を感じさせるような深みのあるお色や柄を選んでみては
どうでしょうか?秋晴れのすんだ空の下でなら濃い(くすんだお色)お色
も素敵に見えるということです。
柄で悩まれているときは、秋の七草をヒントに選ばれると良いですよ。
こちらは、紋意匠に月象紋のとび柄です。9月のお月見の時の単衣の
着物にいかがですか?
【藤原織物謹製】
「松葉木瓜華文」

「しょうは」の帯です。お茶席にも合いますしこれからの帯ですので
冬にかけてずっと結んでいただけます。勿論、春にかけても結べる逸品
となっていますので重宝していただけます。
【藤原織物】
「天平菱華文 六通」

これらの九寸名古屋帯を合わせられても素敵です。

 

秋月洋子監修 [格子柄・ダーク・ブラウン色]

気軽にお召しになる小紋やコート、道行などにいかがですか?
おしゃれに粋に着られます。お色が秋らしく柄は、特別感はなく
いつでも大丈夫です。だから逆にコートなど作っても面白いかも(*^-^*)

 

 

 

帯を合わせるとしたら好き好きがあります。
半幅で気軽に結ばれるのもよし。メリハリを取るのもよし。グレーの名古屋帯
を持ってきてみました。とても地味になりますが、帯締めを明るめにされると

特選天然草木染江戸小紋【車輪梅染・紅藍舎(東京・京都・鹿児島)】
江戸小紋の染料に鹿児島・奄美大島・沖縄に自生してタンニン酸と褐色系
の色素を含む染料(車輪梅のエキス)を混入させることで一層のコクとキレ
のある染を実現。それを、濵ちりめんに草木染で全体には江戸小紋の万筋、
その上からいろいろな柄を短冊の中にあしらっています

色々な柄を施してあるところにおしゃれなところ粋なところがございます。

お色もいい加減です。ですから帯も合わせるのに楽しめることでしょう。

私でしたら【泰生織物】

こちらでモダンに結んでみたいと思います。
こんな感じでされても楽しめます【川島織物】
柄は、ペルーの民族柄に近寄った柄行です。帯地がベージュと生成りの
中間どころで、どんな着物のお色にも合わせやすい帯となっております。
所々にふっくらとした柔らかな質感のモール織が施されていて、表情が
豊かでオシャレな名古屋帯となっています。
夏が過ぎ絽などの夏物をクリーニングされたい時は呉服やさんにご相談
ください。染め替え仕立て直しなどもきっと色々と相談に乗ってくださ
います。勿論、私共も同じです。お近くならば是非お寄りくださいませ。
「きものむらたや」にない商品でも探させていただきます。
もっと気軽にお問い合わせはこちらからどうぞ

九月からのお勧め着物と帯

投稿日:

まだまだ暑い日が続きますがそろそろ単衣から袷を考える頃?かなとも
いえます。秋はもうすぐ。9月の単衣にお勧めの無地付下げのご紹介です。

鎌倉友禅「坂井教人作・かたくり」です

お茶席向きのお着物です。帯はこちらはいかがですか?

 

藤原織物の袋帯「正倉院文様尽くし」

 

 

陰山織物謹製・箔屋清兵衛「悠久の美・茶の心青褐色(あおかちいろ)」


全通とはいえ柄にメリハリがございますので結んでいて色々な表情が
伺えて楽しく品よくお召いただけます。上の藤原の帯よりご年配向きです。

 

名古屋帯を合わせるとしたら

こちらの藤原の帯はいかがですか?
ブルーのお色が品よくまとまっていてベージュのお色に映えます

「紹巴 天平菱華文 六通」

【紹巴織】
「紹巴・しょうは」という名の由来に明確な史実はないのですが、
一説では千利休の弟子の「里村紹巴」から名をとった説があります。

高級品として代表的な「つづれ織」に似ていて、緯糸(ぬきいと)が
経糸(たていと)を包み覆うような織り方であり、緯糸によってのみ、
柄デザインや配色を織り上げています。
「絹鳴り」がして、ゆるみにくく、締めやすいのが特徴です。

最高級の国産絹糸のみが持つ、しなやかさと柔軟性、伸縮性に優れています。

 

濡羽色の帯地に上品に有職文様が施されています。
ベージュの無地付下げに合わせるとメリハリが利いて素敵です。

「紹巴 松葉木瓜華文 六通」

 

【小 紋】

丹後ちりめんを使用し、三種類の唐華華文をとび柄であしらっています。
華のある上品で控えめ過ぎず主張しすぎずといった感じの柄となっており
JAPAN蒼blueの企画お品ですので品よくまとまっていてきれいな
ブルーのお色が特徴です。

こちらも9月の単衣にお勧めです。勿論袷にもどうぞ。
藤原織物の紹巴の「天平菱華文 六通」と合わせるととてもおしゃれです。

 

【おおばの帯】

しなやかながら打ち込みしっかりとした帯地は、錆御納戸色です。
鉤取辻が花文をあしらっています。ブルーのとび柄小紋に大変合う
名古屋帯です。

 

 

こちらは柄からいって袷向きでしょう。少し気が早いですが正月の初稽古などに
気分を変えて新しいお着物はいかがですか?

 

 

 

 

こちらは一本で二度お徳の帯です
【謹上之帯令和・百の吉祥文様尽くし】

百のおめでたい柄が織り込まれている帯です。裏は松のみの柄です。

若いころは派手なお柄で、ご年配になられたら松だけのシックな柄で結ばれると
粋です。長く結んでいただける帯です

上品にこんなこんな感じの訪問着と合わされても格があり素敵です

「着物と帯」決算SALE

投稿日:

七月も半ばを過ぎました

夏も佳境に入りました。夏物のSALEだけでなくこれから単衣もののことを
お考えになってはいかがですか?
きっとお得なお買い物ができるののではないでしょうか

7月は透ける単衣涼し気に着物をお召しになるととても粋に素敵になります

そんな時に着物をお召しになって頂きたい。そして着こなしていただきたい

 

お茶会も、楽しんでいただきたいと思うのは凄く自然なことです。

ここで夏のお勧めの帯のご紹介をいたします。

【丸勇謹製】「唐織・吉祥文様」

流れるように銀糸で紋を施してある上から菊菱や紗綾型、菊や花菱などと
いった唐織があしらわれていて爽やかで涼し気でこれからの季節には大変
重宝する一品。

お色が綺麗でさわやかです

 

【丸勇謹製】「唐織・吉祥文様」

流れるような蔦や葡萄。それぞれに吉祥文様として、七宝、青海波、亀甲柄
が唐織で施されています。お色も涼しい感じのする夏名古屋帯に仕上がって
います。夏のお茶事、お茶会にどうぞ

お色が優しい感じです。

 

この二本は夏向き単衣用です。6月7.8月です単衣でも9月向きではないです。

 

9月からのお勧めの名古屋帯はこちらです

【小森織物謹製】「有職段文に菊づくし 六通」

しなやかに織り上げられた淡いベージュと半色(はしたいろ)を交互に
段々で表した地をベースに、菊を施した帯となっております。段々によっ
て、菊の表情が変化してお太鼓に出す部分を変えると雰囲気も変わります。
単色使いですので上品に仕上がっております。

【小森織物謹製】「有職柄七宝に若松菱 六通」

しなやかに織り上げられたオフホワイトをベースにした帯地。
その中に細やかに七宝や若松菱を施し、おめでたいお席に良いお柄となって
おります。何処を出されても良いですし、どのようなお着物のお色にも合わ
せやすくなっています。

 

網代のきもの(伝統工芸品)西陣着尺、お召地を組織化した反物

 

網代紋とは桧皮(ひわだ)や竹、葦などを細く薄く削って斜めや縦横に
編んだものを言い、天井や垣、屏風、団扇などに広く使われ、きものの柄
として好まれています。西陣着尺の内の一分野であるお召地を組織化した
もの。

 

ろうけつ染め小紋(正絹)[ろうけつ吹雪染]

ペーズリーの地紋の紋意匠の生地。蝋を吹雪加工で全体を和らげ上品に
仕上げています。気軽にお茶席や会食などにお召いただけるお品です。
配色は4色でお色の持っていき方で雰囲気が変わります。京紫色、葡萄染
(えびぞめ)、白菫色、山吹茶の系統のお色の配色です。
全体に温かみのある色合いで施されています。

何色かと表現するのはなかなか難しいお色です。でも落ち着いた良いお色です。

この二反は小紋にもなりますがコートにもお勧めです。

最近道行衿のコートをお仕立してくださる方が近所にいなくなりました。
皆様の所はいかがですか?

でもなんとか私共は見つけることができました。少し離れていますが車があるので何とかなります。腕前もかなりの方です。

最近、絽の道行衿の雨コート縫っていただきました。お客様も満足でした。

着用は東京でそれも皆さま着物をよくご存じの方々の中で着用されたそうです。

(いや~買った所は田舎でも商品は京都から仕入れたんだから同じだわな)と勝手に納得ウンウン

自信を持って商品を発信することにしました😊

 

今までブログを書く回数が少なかったですがこれからは定期的に書いていきたいと思います。目指月2アップです。

小千谷織物 「おすすめ綿麻きもの」

投稿日:

水無月 6月も今日で終わりです。

実は、先日、車での帰り道のことです。

かなりの数のイカ釣り漁船を見ました。

蛍烏賊の時期だわ~。と友達と話していたんです。

土曜だったから尚更なんでしょう。遠目から見ても見事でした(*^-^*)

やはりその時期のものはその時期にですね💕

 

これからの時期は、夕涼みでひと息なんて粋でオシャレ…でも暑い💦

「梅雨」明けも早いし毎晩寝苦しい(-_-;)

 

本格的な「夏」です。

夏のお茶会です。☆彡

夏の茶事には、「朝茶」「蓮見の茶会」などがございます。

行事でいいますと「七夕」「祇園祭」などがあり楽しめます。

時期的に「舟遊び」などをして楽しめます。

ちょっとした時にちょっと気軽にきもので……そんな心のゆとりがあれば

なお素敵です(#^.^#)

浴衣ではなく綿麻の着物をお召しになって「お祭り」や「舟遊び」に

出かけて行かれるのも乙なものです。いかがですか?

 

【お勧め着物】綿麻きもの

 

 

 

半幅帯でどうぞ

 

博多織紗四寸単帯

 

夏の暑い時に東レの無地でお茶会に……(*^-^*)
洗えて便利です

こちらは、東レの小紋です。涼しい感じのお色と柄です。

【正絹名古屋帯】九寸名古屋

 

仕立上がりの帯

 

夏の夕涼みに下駄はどうですか!(^^)!

 

 

 

 

春の感謝SALE

投稿日:

【本日のおすすめ】

キビソ・・・・お蚕さんが一番初めに吐き出す糸のこと。緒糸とも呼ば
れています。

ごわごわと硬く繊度が不安定なため本来は生糸を引く際に取り除かれ副蚕
として絹紡糸の原料として使用されますが、上手にその糸を使ってもじり
織ではなく従来の羅の粗さをイメージして経糸緯糸に太糸、細糸をバラン
スよく織りあげた帯を作られました。染帯の部類になりますが、張りがあり
結んでもしっかしとした安定感のあるお品となっております。

「キビソ」自体が数が少ないため大変貴重な帯となっております。

 

 

お茶会向きの小紋
油滴天目茶碗をイメージして作られた小紋に合わせています


きものを単衣にされても良いですし、袷にされても良いです。

帯を明るく織成袋なごや帯に合わせました。

鱗文様の帯の柄ですので季節に関係なく結べます

紋意匠生地に4色か5色で斑文 (はんもん) を表現してその上からお色を
かけるという手の込んだお品です。

 

こちらは春らしい小紋です。綺麗なブルーです。


柄はとび柄ですので、お茶席向きです。

 

 

 

春のお茶席向き着物と帯

投稿日:

久々のブログです(;^_^A

少しずつ暖かくなってきました。「春」ですね

春になると出かけたい気分なんですがいかがですか?
私どもの地域はお年寄りが多いので巣ごもり状態です。寂しいです(T_T)

今年になって、色々と企画はしていました。
店内でのイベント催事をしても今は難しい(ご年配だからこそ)

先日久々に着付けの先生がウォーキングのついでに「元気」と寄ってくだ
さいました。はじめは立ち話からでしたが、みんな話したい気持ちは一緒
のようで腰を据えて話すこと2時間。楽しい時間でした。

暖かくなると春向きの着物と帯で花見や観劇、コンサートや会食
趣味の会などに出かけたくなります。そんなときのお薦めコーデ是非ご覧ください

三種類の唐華華文をとび柄であしらっています。華のある上品で控えめ過ぎず主張しすぎずといった感じの柄となっております。
綺麗なブルーです

※画像では色が良い感じに出ていません(T_T)

こちらは、帯を「博多織紋八寸名古屋帯」で合わせてみました。
blueが着物とまっちしていて素敵なんです。

こちらの帯と合わせても素敵です
特選八寸名古屋帯(西陣織)【安藤謹製】「変桧垣文様 織成袋なごや帯」

織成袋名古屋帯の織成(しょくせい)とは綴織の技法で、古くは正倉院に
伝わる「七条織成樹皮色袈裟」という裂地から再現された格式の高い技法
です。軽くてしなやかな上に、綴織に準ずる格式をそなえているため、まさに
「茶の装い」の為に存在すると言えるのではないでしょうか。

ろうけつ染め小紋(正絹)[ろうけつ吹雪染]

ペーズリーの地紋の紋意匠の生地。蝋を吹雪加工で全体を和らげ上品に
仕上げています。気軽にお茶席や会食などにお召いただけるお品です。

お勧めの帯はこちらです
特選西陣織八寸名古屋帯【安藤謹製】

軽くてしなやかで、綴織に準ずる格式をそなえていますので、
「お茶席向きの装い」と言って間違いないでしょう。
芯を入れる必要がないため、軽くて結びやすいという利点もございます。
一般的な袋帯に劣らない格があります。

春ですので明るめのお色をあわせてみました。鱗柄ですので厄除けにも
なります。

 

春のお茶会向きの無地ぼかしと袋帯です。
特選色無地無地 [斉藤三才のぼかしの無地・八掛付き]

帯はサイトに出ていませんがむらたやの店舗にはございます(#^.^#)

上の画像と同じぼかしの無地ですがお色のトーンが違うと同じに見えませんね
画像で見るのと実物は少し違って見えるかと思いますが、お色から言って十分
上品で合わせやすい無地です。

合わせる帯は、春らしく
特選西陣織九寸名古屋帯 【秦生織物 謹製】

特選西陣織袋帯【藤原織物謹製】「彩王朝菱文」

こちらは、格式高く袋帯でそれもお茶席向きで品のいい「藤原織物」の
袋帯です。ぼかしの無地には良い感じにマッチする帯です。

春、秋、冬と重宝する帯です。