単衣向きの着物と帯お仕立て付きSALE

投稿日:

 ◇単衣向きのきものお仕立て付きのSALE→こちらより
◇お仕立て付き袋帯・名古屋帯のSALE→こちらより
◇お仕立て付き振袖用袋帯大特価SALE→こちらより
◇夏の付け下げお仕立て付きSALE→こちらより

着物は、単衣仕立てで、衿裏・ゆのし・居敷当はが付いているお値段です。
居敷当無しでも同じお値段となっております。その場合は、セブセをお付けいたします。
夏の付け下げは、セブセと衿裏付きとなっております。

帯に関しては、芯・仕立て込みのお値段となっております。

着物にしても帯にしてもSALE品に関しては、本来のむらたや価格よりも格段とお安く
させて頂いております。

※パールトーン加工や紋入れは別途料金となっておりますの。
必要がなければ「加工なし」「紋入れなし」をご選択くださいませ。
着物にかんしては、お仕立て方法「居敷当て有なのかなしなのか」のご選択をお願い致します。

東京染め小紋(貞子好みより)

こちらは、サラッとした生地ですので単衣向きです。東京染め小紋ですので
染めた方も分かっていますしお薦めの一品です。

 

袋帯(綾羅織)

袋帯(スリーシーズン用)

軽くて締めやすくこれからの季節にはもってこいの袋帯です。お茶席や
観劇、色々と重宝する一品です。

 

名古屋帯

気軽におしゃれに着ものをお召しになりたい方にはこちらの名古屋帯を
お薦めします。
一見、見た感じでは、地味目に見えますが結構合わせやすく紬の単衣などに
合わせておしゃれにお召ください。

一部をご紹介いたしました。

着物の染め替えできます

投稿日:

早い方でお子様から手が離れた方もいらっしゃいます。
逆にまだまだこれからという方もいらっしゃいます。
環境は人それぞれですので、着物へ重きを置くタイミング
というのも違ってきます。
ただ一つ言えるのは、タイミングは違っても若いころの着物は
今着るとなると厳しいかも。
色、柄とその時代に流行ったものを使っているので今着ると
『ん~どうだろう?』と考えてしまいます。

そんな経験ございませんか?

「ただ、捨てるには勿体ないし、かといって着ないし、色が派手
すぎるし。どうしようかしら。売ったらお金になるかしら。」
などとおっしゃられる方もいらっしゃいます。

そんな時は、お客様に染め替えや仕立て替えをお薦めしております。

ご存知の方は、宜しいのですが、結構、染め替えや仕立て直しができる
と言うことをお知りになっていない方も多くおいでです。

最近も、無地でお色はオレンジ系のお着物でお客様曰く
「流石にこの色は着れないからどうしようかしら。」とご相談を受けました。
無地でしたので、きれいに抜けるならどんなお色にも染め上げられますよ。
とお伝えしましたら、値段を出して欲しいとご要望がございましたので、
ざっと見積もらせて頂きました。

正直、新しい反物を買われて作られるより、はるかにお安く出来上がります。
ただ、新品ではないし一度トキ洗いをしてお色を抜いて染め上げるという
作業になりますのでお時間は多少かかります。

お色を決める時も決断力というものが必要になると思います。
こちらもできる限りの情報をご提供いたしますが、お色をお決めになるのは
やはり“お客様”です。
むらたやでは、お客様のご意見に重きをおき、満足というより納得して
染め替え・仕立て替えに入らせて頂いてます。


奥様の若いころの羽織です。それをお嬢さまにお譲りになられると言う
ことで洗張りをして一色かけて地味に染めなおしました。

お嬢様もご納得のお色となりました。
(このお色に決まるまで試し染めを2、3回していただきました。)

このお色でしたら、30代からかなり50代まではお召いただけます。

 

お客様のほうから新しいきものを作りたいとおっしゃられるのであれば
もちろんご相談にのらせて頂きます。


小紋は、京染め[江戸五嶋紐監修・ライトパープル色]
名古屋帯は、【小森織物謹製】「有職段文に菊づくし 六通」


小紋は、高級京友禅染 [とび柄七宝・ライトブルーグレー色]

帯(袋帯)は、【西陣まいづる 謹製】 「柄名銀影・シルバー色」

このような感じで合されるとお召しになる場も広がります。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

小紋と名古屋帯~五月のお茶会~

投稿日:

お謡いをされていらっしゃる方が増えているように感じます。
時々お話を伺わせて頂くのですが、皆様、楽しんでされておられます。

先日は、新しい襦袢を作りたいというお話を頂きました。
年に数回ということですが、流石に襦袢が限界と言うことでしたので
白の襦袢にグレーの半襟を付けさせて頂くことになりました。
黒紋付をお召しになられるので、後々紋付を譲れるように白をお薦め
しました。

そうやって“和”のお稽古ごとをして頂くのは、嬉しいものです。
外国の方は、結構着物が好きで憧れるとおっしゃってくれるのですが、
日本の方で、「着物の買取りはしていないの。」と聞かれた折は
気持ちがかなり沈みます。「喪服?着るかどうか分からないし、娘が
いらない。と言っているから。」・・・・・・ともおっしゃられます。

着物の文化は昔に比べて、確かに減ってきたかもしれませんが、
まだまだ、着物を好きでいて下さるお客様がいらっしゃる限りは、私共も
頑張っていきたいと思います。

これからの季節ですと
野点をされるお茶席が増えるのではないでしょうか。
新緑を拝しながら、季節のお菓子を頂きお茶を飲む。
なんて風流なんでしょう。

こんな時は、色無地・江戸小紋・小紋などのように、かしこまった装い
ではなく、気軽な装いのもので大丈夫です。
小紋ですと、華の柄をモチーフにしたとび柄小紋などが、新緑に映えるのでは
ないでしょうか。

こんな感じで茶会での着物選びは、茶会が催される時期や、お茶会の種類に
よって違ってきます。
そして、茶会で選ぶ着物は、亭主のもてなしの邪魔にならないように、
又、着物が主張しすぎないようにと着配ることも大切です。

[お薦めの小紋]


上品な唐華文様が施されています。
上質な丹後ちりめんを使用し地色がパステルグレーに抽象的な華の柄を
流れるように描いていて、金で描かれた華の部分が一層上品さを出しています。
こちらは、特定の花をさすものではないですので、季節を問わずお召いただけ
ます。

色違いの小紋です。柄の配置はこんな感じになりました。
後ろから見た感じです。柄どうしを並ばせないように工夫してお仕立て
あげました。

前から見た感じです

衿の感じです。上前の衿が小紋でありながら見ごろと繋がっている感じ
になるように仕立て屋さんと相談をして配置しました。

[お薦めの名古屋帯]
地色が黒で巧みに織り成された橫段模様の間に、古典調で、尚且つ
モダンな花柄が配置されています。ワンランク上の名古屋帯として、
茶席にもお薦めです。【山田織物謹製】

こちらの名古屋帯は、【小森織物謹製】です。
有職柄に七宝と若松菱柄ですのでこちらも季節を問わずお締め頂けます。
※7月、8月以外です。

上の小紋とでしたら上品に合わせることができます。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

お茶席向きの着物と帯

投稿日:

お茶席には、改まったお茶会から大寄せの茶会まで色々とございます。
格式の高いお茶会に呼ばれた時の装いは、紋付の訪問着です。
結婚式のイメージのある色留は、紋の数(三つ紋・一つ紋)によっては、
お茶会の席でも着用することが出来ます。
よく、春・秋の園遊会などは、格の高いお招きですので、紋付の色留に
つづれの袋帯、そして帯締め帯揚げは白が良いと言われています。
お家元からのご招待のお茶席ともなれば、抜き紋の訪問着をお薦めしております。

先日も、お客様が、「付け下げと訪問着どうしようかしら。
お家元のお茶席だから・・・・・・単衣にするから訪問着だと勿体ないけど
場所が場所だけに訪問着にするわ。付け下げも捨てがたいのだけどね。」
とおっしゃっておられました。

高級訪問着 正絹[曼珠沙華]
こちらは、おとなしめの柄つけですがお色からいって上品にお召
いただける一品です。

[訪問着とは]
訪問着とは、胸元や肩・袖・裾に絵柄が書かれています。
絵羽模様(えばもよう)といい、着物を広げた際に絵柄が一枚の屏風の様に
つながっています。
お茶席では一つ紋を入れ、品のある色味をお選びになると長くお召いただけます。

上の訪問着に帯を合わせるならば
こちらの袋帯はいかがですか。↓

特選西陣織袋帯 人間国宝・大場松魚の世界【となみ織物謹製】


人間国宝・蒔絵 大場松魚先生の袋帯です。
空想上の鳥とされている鳥が織り込まれていて段重ね中に金・銀と
優しいグリーン色と気品あるパープルの糸でそれぞれの文様を施しています。
名門「となみ織物」ならではの技術で上品で明るさのある袋帯に仕上がりました。

特選西陣織袋帯【藤原謹製】「錦繍平安段文」

忍冬や華文、牡丹唐草、さや型や波を工夫して施してある格の高い
袋帯です。様々なお色を使用されていますので着物にも合わせやすく
華やかに上品にお締め頂けます。

軽めのお茶会には、紋が入っていなくても大丈夫です。趣旨により
どのようなお着物が良いのかは変わってきます。

[付下げ]
訪問着と少し似ていて、袖や裾の部分に絵柄が入っています。
訪問着との違いは、絵羽模様になっていないことですが、近年の仕立ての
技術で、訪問着と見分けが付きにくい付下げも数多く見られるようになりました。
お茶席では一つ紋を入れ、古典柄をお選びになられると安心です。

これからですと こんなお色の付け下げなどを単衣にされたりすると
宜しいのではないでしょうか。↓


優しいお色ですのでちょっと濃いめの帯をされても良いですし、白っぽいお色の
帯で合わせて上品にお召いただけます。

こちらは、名古屋帯ですが、格の高い帯ですので付け下げにもお締め頂けます。

特選西陣織九寸名古屋帯【となみ織物謹製】「九百佐賀錦・唐松・六通」


格がある名古屋帯ですので、付け下げ、無地、江戸小紋、とび柄小紋などに
合わせて下さい。

 

茶道の流派は、500以上も種類があります。その中の特にメジャーなものが
3千家(表千家、裏千家、武者小路千家)です。

[色無地]
お茶会と言えば、「無地以上の着物を着用しましょう。」と決めて皆様が
合わせる場合が多いです。
オールマイティーに無地が無難でいつ着用していても安心となれば一枚無地を
お持ちですと役に立ちます。

その無地ですが、素無地か地紋があるのかで見え方が違ってきます。
柄がない一色染めの着物ですので、素無地より地紋がある方が少々華やかに
感じます。茶会で最も無難な着物になり、茶会用にはじめて着物を作る方には、
色無地がいちばんのおすすめになります。
また、色無地は一つ紋を入れることによって、略礼装として着用できます

 

[江戸小紋]
江戸小紋は、非常に小さな柄が型染めされていて、遠目では無地に見えてしまう
ほどです。江戸時代に、武士の裃(かみしも)が発祥であり一つ紋を入れると、
格式の高い扱いとなります。

江戸小紋「家内安全柄」

「江戸小紋」という名称は特許庁で地域商標を取得して
いますので美濃の型紙を使用して、東京で染めたものしか
「江戸小紋」という名称が使用できません。
当社の江戸小紋はすべて東京の染元さんで染めて頂いた
本物の「江戸小紋」です。

【加納幸謹製】の袋帯です。
お色からいって重そうですが、実際は軽く締めやすい袋帯です。
江戸小紋やとび柄小紋にも合わせられる上品な袋帯です。


[小紋]
小紋は、全体に同じ柄が散りばめられたものを言います。格としては、
非常にカジュアルな扱いになります。
しかしとび柄小紋ですと、紋は付けませんが、お茶席でのお運びや
あくまで、格式のあるお茶席以外の話ですが、お客様としてお召しに
なって出席できます。

こちらは、アイボリーの地色ですので、単衣にもお仕立てできますし
お色からいっても涼しい印象を受けますのでこれからの時期に良い小紋です。
紋意匠にとび柄小紋で、柄がお召しになる時期を問いませんので
袷にされて濃いめの帯をお締めになられるとメリハリがきいて素敵です。

同系色にはなりますが、
【河合美術織物謹製】「納経唐花文・クリーム色・お太鼓柄」
こちらで合わせられると上品になります。帯締めを濃いお色にされて
全体が締まる感じにされたら良いと思います。

 

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

袷も単衣にもいい小紋と名古屋帯

投稿日:

小紋とは普段着感覚でお召し頂く着物です。
例えばお稽古や観劇、同窓会や友人とのお食事会など
色々なシーンで気軽にお召いただけるので活躍の場は
多いと思います。
ちょっとしたパーティーやお出かけにも重宝します。
気軽に街着として格式を考えすぎず、目的に合わせ、
その日の気分で選んだり、ご自身のお好きな柄模様を
合わせてみたりと楽しめます。

そしてどの帯が合うかを考える楽しみも味わえます。
日本人の粋なしなやかさを持っているのが「小紋」といえます。

その小紋のご紹介です。

袷にしても、これからの単衣にされても大丈夫です。
お色は、淡いグレーがかったライトブルーです。
花唐草文様の地紋おこし染風で見た感じが涼しそうで
軽い雰囲気がして、気軽にお召いただけます。

ご友人との会食や、これからの気軽なお茶会にサラッと
お着物をお召しになられてご出席されると、お喜びになられますし
ご自身も普段と違った印象で気持ちもリフレッシュすると思います。

こちらは、見た目は似た感じですが、地紋おこしの生地ではなく、お色が
少し明るい感じの印象の着物です。
コンサートや美術館へいかれる時など
また、お茶をお子様たちに教えるために学校に出向いて行かれる先生級の
方々のためにちょっと明るいお色の小紋という意味では重宝するのでは
ないでしょうか。

 

シックにされたい方にはこちらはいかがですか。

チョコレート色のお色に格子を施してあります。
それも直線を引いた感じではなくゆらゆらとした線で施されて
いますので、イメージが“カチカチ”ではなく“ホンワカ”な印象を
受けます。年齢幅は広いですので帯によって長くお召し頂けます。

又、こちらのような小紋でコートをお作りになられても宜しいのでは
ないでしょか。
昔の羽尺は、少し長コートを作るには短すぎ、最近はお気に入りの小紋を
道行コートにお仕立てされます。

例えばこちらの小紋を道行にお仕立てすると


こんな感じになります。

明るい感じの道行でシダ唐草の文様ですので
吉祥文様として四季にこだわらず身に着けることができて道行にされて
時期を問わずお召しになる事ができます。
道行は、そんな柄を選ばれたら重宝すると思います。

コートでも季節におしゃれ感を出されたい方は、時期時期の柄 (草花、
季節のお道具)が施されている反物を選ばれてお仕立てされると粋で
おしゃれになります。

上の小紋に合わせる帯としてこちらなどはいかがですか。
【山田織物謹製】院蔵特殊織裂・ベージュ色・総柄です。
よく見ると地に縦線のように施してある織がお洒落でそこがこの帯の
素敵な所で目を引く所です。色違いの帯もございますのでそちらも
是非ご覧ください。これは、本当に重宝する一本となると思います。

淡いグレーがかったブルーの小紋や落ち着いたピンク色の小紋などに
合う名古屋帯です。チョコレート色の格子柄の小紋にももちろん合います。

こちらは、【藤原織物謹製】紹巴織り華唐草柄・淡いクリーム色・総通です。
地紋おこしの小紋やピンク地の小紋や格子柄の小紋にも合う名古屋帯です。


最高級の国産絹糸のみが持つ、しなやかさと柔軟性、伸縮性に優れていて
織物として薄くて、軽くて型くずれしにくく、締めやすい最高の帯の風合い
となっています。

これからの季節に良い名古屋帯となっております。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

これからの小紋と名古屋帯と袋帯

投稿日:

もうじき連休です。ご家族で遠出される方もいらっしゃれば、
近くでお茶席のお手伝い、ご招待などと忙しい日が続くのではないでしょうか。

野点で頂くお茶は、目で新緑を楽しみ咲き始めた花の匂いをも楽しみながら
時間を忘れてくつろげます。
皆様が、その場に合った小紋を色いろとお召しになられているので目の保養
にもなります。

お客様で、最近お茶を習い始めた方がいらっしゃいます。
その方は、着物の着方から入り、お友達とお食事に、花見にと色々な場で
お召しになっていましたが、折角だからお茶を始めようと思い立たれ
この辺りでは習っている方が少ない「武者小路千家」の先生に習い始めました。

主だったお茶席を催すことはお聞きしませんが、楽しんで習っていらっ
しゃいます。初めは、それが一番ではないでしょうか。

そんな時のお薦め小紋のご紹介です。

オールマイティーに江戸小紋ですと無地感でお召し頂けて重宝する一品です。
柄は、竹垣根に松竹梅です。おめでたい柄ですのでお茶席に向きます。
お色も淡くこれからの時期にはぴったりです。

「江戸小紋」という名称は特許庁で地域商標を取得して
いますので美濃の型紙を使用して、東京で染めたものしか
「江戸小紋」という名称が使用できません。
当社の江戸小紋はすべて東京の染元さんで染めて頂いた
本物の「江戸小紋」です。

 

もう少し楽しめる柄で、お茶席にはこちらなどはいかがですか。
地色は、アイボリーで上品なとび柄です。
京染め紋意匠生地に葡萄唐草文様です。
葡萄だけが写実的に描かれていれば秋の文様となりますが、
唐草と取り表されていますので、正倉院に由来する古典文様として
季節を問わずにお召し頂けます。


合わせる名古屋帯は、こちらはいかがですか。
【山田織物謹製】市松地に唐草文様・ライトグリーン色・六通です。
唐草は、姿形から永くつながり、絶えず続くものと考えられているため、
吉祥文様として四季を気にせずお締め頂けるので重宝されます。

【帯屋捨松謹製】唐花華文・薄黄色・お太鼓柄です。
上品に格高い柄で無地や付け下げなどにも合わせてお締め頂けます。

袋帯をお薦めするならば、今時期ですとこちらはいかがですか。

【大光謹製】格子に唐草文様とバラ
地色がブルーグレーで明るく感じ白で柄を表しています。
新緑の映える場面や、ご友人との会食や観劇にお締め頂くとおしゃれです。
濃いめの着物で合わせるとシックに粋になります。
淡いお色で合わせると上品になります。
合わせる着物によって表情を替えてくれるので楽しめる袋帯です。
気軽にお締め頂けます。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

50代からの着物えらび(小紋と名古屋帯)

投稿日:

50代と言えば、一般的には子育てから手が離れ
金銭的にも余裕が出てくる時ではないでしょうか。

先程、お越しになられたお客様も「着物は良いわよね。」
「娘も、孫も喜んできものを着てくれたわ」とおっしゃられていました。
今日は、先日の土日にお茶会や研修会で着られた着物のクリーニングに
いらしたのですが、
「息子の方に子供が生まれて、宮詣り着くるかしら?」と悩んでいました。
「ください。とも言えないしねぇ~。」と・・・・・・
「この辺りの話はよく聞きますよ。地域によっては女の子が生まれたら
奥さん側がご用意して、男の子が生まれたら旦那さん側が用意をする。
その地域地域によって違うから悩みますよね。思い切って宮詣りどうする
と聞いてみたら。」などと雑談をしてお茶を飲まれてお帰りになられました。

お仕事をされていない50代、60代の方はお時間も金銭的余裕もあり
ゆっくりとくつろいでいかれます。
しかし、全く時間に追われている感じがない訳ではないみたいです。

「そうは言っても忙しいのよ。」とおっしゃいます。「孫も見に行かない
といけないし、娘が家を建てるからまったく知らんぷりもできないし。」等々

「確かに・・・・・。」
いくつになってもその時に応じた忙しさがあるものです。

そんなお忙しいあなたに出掛けて着物選びではなくネットで着物選びのために
お薦めの着物をご紹介します。

正絹小紋 京染め[四海波・雪輪ぼかし・グレー色]
四海波とは、祝儀用「結婚式」などに謡う、謡曲「高砂」の一節に出てきます。
日本を取り巻く四つの海の波の通称であり、日本の国の内外が平和である事の
願いを込めて模様化したものです。

雪輪を半ぼかしに手作業で柄付けをしています。
こちらは、着用年齢を問わず、着用シーンも幅の広いひと品となっております。

高級京友禅染め 蔦草花模様・ライトグレー色
動きに合わせて陰影が出ている地紋に、蔦や草花の柄を流れを付けて
配置してあります。

二反とも40代・50代・60代の方におすすめです。

帯によってもっと若い方でもお召いただけます。

【山田織物謹製】院蔵特殊織裂・グレー色・総柄です。


こちらの帯でしたら年齢幅が広く30代の方でもお締め頂けます。
上の小紋と合わせられたらかなり長い間お召し頂けます。

こちらは、【弥栄織物謹製】斜め立湧に唐花文様・藍色地です。
若い方にもご年配の方にもお締め頂ける名古屋帯です。
藍色は、おしゃれなお色ですので淡いお色の小紋や紬などに合わされ
たらメリハリが利いて宜しいと思います。

四海波のグレーの雪輪ぼかしの小紋に合わせたらおしゃれになります。

こちらは、【山田織物謹製】三彩織格子柄・淡いピンク色・総柄です。
総柄と言うことは、胴の一周目は無地でも良い所が柄が付いているということ
ですので、手間ひまがかかっています。
江戸小紋で気軽にお締め頂くこともできますし、無地にもお締め頂けます。
もちろん紬や小紋にも是非どうぞ。

 

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

着物でお出かけするなら~小紋・名古屋帯・袋帯~

投稿日:

もうすぐ連休ですが、皆様、何処かへ“きもの”でお出かけ
しませんか。

仰々しいお着物ではなく、小紋と名古屋帯、小紋としゃれ袋帯などに
されると楽しくなります。
お薦めの小紋と名古屋帯と袋帯のご紹介です。

京友禅[桐橘菊文様]
流れるような柄付で、ずっしりとした趣で高級感あふれる
小紋です。お召しになっていて楽しくなる着物ですので
四月、五月のお茶席や観劇、ご友人とのお食事会、コンサートなど
楽しむ場に重宝するお着物です。


こちらは、東京染め小紋[貞子好みより]
老舗の江戸小紋染めの染屋さんが丁寧に型染して下さいました。
こちらは、ブランド名「貞子好み」と言って往年の女優『沢村貞子さん』の
名からとっています。
実は沢村貞子さんと富田染工芸の今の社長のお母さまが大親友で、
沢村貞子さんのお着物はすべて富田染工芸さんで染められていました。
そしてお二人が色々な意見を交わすうちにできたお柄が、『貞子好み』と
いう訳です。時代を超えて今も生き続ける伝統で染められたお着物は、
大変素晴らしいです。

袷にされても単衣にされても良い小紋です。
少し勿体ないですが、羽織りや道行コートにされてもお洒落です。

二点ともお薦めですが、全く異なる雰囲気のお着物ですので、着る方の雰囲気や
お持ちの帯などを考えて選ばれると宜しいかと思います。

むらたやには、触って選べるシステムがございますので→こちらより 
是非ご利用ください。

ご不明なことがあれば→ こちらよりご連絡又はお電話くださいませ。
対応させて頂きます。

こちらは、小紋に合う名古屋帯です。
【河合美術織物謹製】納経唐花文・クリーム色・お太鼓柄です


こちらの名古屋帯を合わせると全体的に統一感が出ます。ぼやけると
感じられる方は、帯締めで全体を締めてください。
帯締め一つで雰囲気が変わります。そんな楽しい合わせ方をして下さい。
全く違う雰囲気の小紋ですが、両方に合わせられます。
格のある名古屋帯ですので、おしゃれにもお茶席にお締め頂けます。

【山田織物謹製】校倉裂さがら段文・濃茶色・六通
こちらでしたら、東京染め小紋の方にぴったりです。
気取らずおしゃれに着こなせます。

袋帯を合わせるとしたら
【吉村織物謹製】全通柄の袷・単衣用の袋帯はいかがですか。

こちらですとメリハリが利いておしゃれになります。

以上の二点の袋帯は、どちらかというと東京染め小紋の方に
合わせた方が良いです。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

五月・六月のお茶席の江戸小紋と袋帯と名古屋帯

投稿日:

昨日は、この辺りの祭り「ますだ祭り」でした。

朝は小雨でした。その後雨は上がったのですが、肌寒く

『あまり人が出てないな~』と思っていたら、毎年恒例の

「益田音頭」が始まるころには結構な人数が店の前を行き来し始めました。

そんな中、益田の芸術文化センター(グラントワ)では、お茶席が催されて
いました。

今はまだ袷ですが、もうじき単衣時期となります。
コートも薄物が出始めています。

<お薦めの小紋と名古屋帯と袋帯のご紹介です。>

【江戸小紋】
むらたやが直にお願いして取引させて頂いている
東京の富田染工芸さんにお願いして染めて頂きました。
鼓と束ね熨斗です。

「江戸小紋」という名称は特許庁で地域商標を取得して
いますので美濃の型紙を使用して、東京で染めたものしか
「江戸小紋」という名称が使用できません。
当社の江戸小紋はすべて東京の染元さんで染めて頂いた
本物の「江戸小紋」です

こちらですと、お色からいって春から単衣時期にかけてとても良いお着物に
仕立て上がると思います。名古屋帯を合わせても袋帯を合わせても良いです。

こちらは、【弥栄織物謹製】の袋帯です。
袋帯にしてはお値段もリーズナブルで、帯自体が軽くて締めやすいので
重宝する一品です。グレー地ですので合わせやすいですし、お茶席向きかと
思います。


付下げや無地、江戸小紋やとび柄小紋に合わせて下さい。
お締め頂く期間は長く、着用範囲も広いです。

こちらの袋帯は、【加納幸謹製】洒落袋帯市松柄です。
アイボリー地に絞り風の市松柄に金糸が貼ってある雰囲気でおしゃれに
粋にお締め頂けます。


こちらも比較的軽い帯地ですので、今の時期から単衣時期
そして9月の単衣時期と袷でも濃い色のお着物に合わせると
メリハリが利いて宜しいかと思います。

名古屋帯を合わせるとしたらこちらはいかがですか。
【となみ織物謹製】三色段に桜文様です。
桜は、国の象徴の花ですので一年中お締め頂けます。
上の江戸小紋のグリーンのお色にこちらの名古屋帯を合わせた時に
大変マッチしていて全体的に統一感がでます。

こちらの名古屋帯は全通ですのでお締め頂くとき苦労しません。
どこをお出ししても大丈夫です。お急ぎの時は便利です。

こちらは、【となみ織物謹製】の九百佐賀錦・市松に四季の花が
施されています。

こちらの名古屋帯は、格のある名古屋帯ですので江戸小紋に合わせて
5月や6月初めころのお茶席や9月からの秋にかけてのお茶席に良い
名古屋帯と思います。
名古屋帯と言えども「九百佐賀錦」と名をつけるくらい自信のある
帯で上品さを含んだ華やかさがございます。

帯自体が軽くて締めやすいですので透けない単衣にもお召いただけます。
柄行から言いますと「付下げ」「色無地」「江戸小紋」「とび柄小紋」に
合わせてください。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

単衣向き小紋と名古屋帯

投稿日:

単衣向きの着物(小紋)と帯(名古屋帯・袋帯)のご紹介です。

単衣といいますと6月・9月と言われています。しかし昨今は
温暖化のためか、“季節感”があるようでない気がします。
ですから、最近は五月の半ばで暖かければ単衣をお召しになる方も
増えています。
汗ばんで着物を着るより涼感を出しながらおしゃれに粋にと着物を
お召しになられています。

突然のお誘いにお召しになる着物として、とび柄小紋をご紹介します。
紋意匠の生地で着物のお色はオフホワイトです。施してある柄は葡萄唐草文様で
正倉院に由来する古典文様ですので季節に関係なくお召いただけます。
もちろん、袷にして濃いめの帯をお締めになられても全体が締まって宜しいかと
思います。

京染めとび柄小紋 雪輪重ね
淡いクリーム色で、柄はあまり大きくないですので、上品に無地感のように
お召し頂けます。
お色からいって帯は合わせやすいと思います。

京染め唐草華文様でお色はグレーです。涼感たっぷりにお召いただける
小紋です。ご友人とのお食事会やお稽古、気取らないお茶席にと重宝します。

色もあまり使っていないので帯も合わせやすいと思います。

少しメリハリを持たせるとしたらこちらの帯はいかがですか。
上、三点の小紋どれにでも合うと思います。
こちらはとなみ織物謹製の名古屋帯です。全通ですのでどこを出しても
大丈夫ですので、お急ぎの時は重宝します。

 

大光織物謹製 伊勢型紙浪漫全通です
こちらは、透け感のある薄い織り地ですので「帯は先取り」という言葉のとおり
これからお締め頂くにはぴったりです。

今はまだ4月で袷でちょうどいいと思います。しかし困るのは5月の連休頃
からではないでしょうか。透けない単衣を一枚お持ちですと便利で重宝します。
これからまだまだ、単衣向きの小紋や名古屋帯、袋帯まで情報発信していきたい
と思いますので、
“きものむらたや”をご愛顧のほど何卒宜しくお願い致します。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで