お茶席向きの着物と帯

投稿日:

お茶席には、改まったお茶会から大寄せの茶会まで色々とございます。
格式の高いお茶会に呼ばれた時の装いは、紋付の訪問着です。
結婚式のイメージのある色留は、紋の数(三つ紋・一つ紋)によっては、
お茶会の席でも着用することが出来ます。
よく、春・秋の園遊会などは、格の高いお招きですので、紋付の色留に
つづれの袋帯、そして帯締め帯揚げは白が良いと言われています。
お家元からのご招待のお茶席ともなれば、抜き紋の訪問着をお薦めしております。

先日も、お客様が、「付け下げと訪問着どうしようかしら。
お家元のお茶席だから・・・・・・単衣にするから訪問着だと勿体ないけど
場所が場所だけに訪問着にするわ。付け下げも捨てがたいのだけどね。」
とおっしゃっておられました。

高級訪問着 正絹[曼珠沙華]
こちらは、おとなしめの柄つけですがお色からいって上品にお召
いただける一品です。

[訪問着とは]
訪問着とは、胸元や肩・袖・裾に絵柄が書かれています。
絵羽模様(えばもよう)といい、着物を広げた際に絵柄が一枚の屏風の様に
つながっています。
お茶席では一つ紋を入れ、品のある色味をお選びになると長くお召いただけます。

上の訪問着に帯を合わせるならば
こちらの袋帯はいかがですか。↓

特選西陣織袋帯 人間国宝・大場松魚の世界【となみ織物謹製】


人間国宝・蒔絵 大場松魚先生の袋帯です。
空想上の鳥とされている鳥が織り込まれていて段重ね中に金・銀と
優しいグリーン色と気品あるパープルの糸でそれぞれの文様を施しています。
名門「となみ織物」ならではの技術で上品で明るさのある袋帯に仕上がりました。

特選西陣織袋帯【藤原謹製】「錦繍平安段文」

忍冬や華文、牡丹唐草、さや型や波を工夫して施してある格の高い
袋帯です。様々なお色を使用されていますので着物にも合わせやすく
華やかに上品にお締め頂けます。

軽めのお茶会には、紋が入っていなくても大丈夫です。趣旨により
どのようなお着物が良いのかは変わってきます。

[付下げ]
訪問着と少し似ていて、袖や裾の部分に絵柄が入っています。
訪問着との違いは、絵羽模様になっていないことですが、近年の仕立ての
技術で、訪問着と見分けが付きにくい付下げも数多く見られるようになりました。
お茶席では一つ紋を入れ、古典柄をお選びになられると安心です。

これからですと こんなお色の付け下げなどを単衣にされたりすると
宜しいのではないでしょうか。↓


優しいお色ですのでちょっと濃いめの帯をされても良いですし、白っぽいお色の
帯で合わせて上品にお召いただけます。

こちらは、名古屋帯ですが、格の高い帯ですので付け下げにもお締め頂けます。

特選西陣織九寸名古屋帯【となみ織物謹製】「九百佐賀錦・唐松・六通」


格がある名古屋帯ですので、付け下げ、無地、江戸小紋、とび柄小紋などに
合わせて下さい。

 

茶道の流派は、500以上も種類があります。その中の特にメジャーなものが
3千家(表千家、裏千家、武者小路千家)です。

[色無地]
お茶会と言えば、「無地以上の着物を着用しましょう。」と決めて皆様が
合わせる場合が多いです。
オールマイティーに無地が無難でいつ着用していても安心となれば一枚無地を
お持ちですと役に立ちます。

その無地ですが、素無地か地紋があるのかで見え方が違ってきます。
柄がない一色染めの着物ですので、素無地より地紋がある方が少々華やかに
感じます。茶会で最も無難な着物になり、茶会用にはじめて着物を作る方には、
色無地がいちばんのおすすめになります。
また、色無地は一つ紋を入れることによって、略礼装として着用できます

 

[江戸小紋]
江戸小紋は、非常に小さな柄が型染めされていて、遠目では無地に見えてしまう
ほどです。江戸時代に、武士の裃(かみしも)が発祥であり一つ紋を入れると、
格式の高い扱いとなります。

江戸小紋「家内安全柄」

「江戸小紋」という名称は特許庁で地域商標を取得して
いますので美濃の型紙を使用して、東京で染めたものしか
「江戸小紋」という名称が使用できません。
当社の江戸小紋はすべて東京の染元さんで染めて頂いた
本物の「江戸小紋」です。

【加納幸謹製】の袋帯です。
お色からいって重そうですが、実際は軽く締めやすい袋帯です。
江戸小紋やとび柄小紋にも合わせられる上品な袋帯です。


[小紋]
小紋は、全体に同じ柄が散りばめられたものを言います。格としては、
非常にカジュアルな扱いになります。
しかしとび柄小紋ですと、紋は付けませんが、お茶席でのお運びや
あくまで、格式のあるお茶席以外の話ですが、お客様としてお召しに
なって出席できます。

こちらは、アイボリーの地色ですので、単衣にもお仕立てできますし
お色からいっても涼しい印象を受けますのでこれからの時期に良い小紋です。
紋意匠にとび柄小紋で、柄がお召しになる時期を問いませんので
袷にされて濃いめの帯をお締めになられるとメリハリがきいて素敵です。

同系色にはなりますが、
【河合美術織物謹製】「納経唐花文・クリーム色・お太鼓柄」
こちらで合わせられると上品になります。帯締めを濃いお色にされて
全体が締まる感じにされたら良いと思います。

 

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

春の装い~着物と帯

投稿日:

三月末から娘の引っ越し騒ぎでブログを書くことができませんでした。

娘は、神戸におります。神戸といっても明石ですが、なかなか住みよい街
でした。人柄も良く、親切でここなら安心できると思いました。

三ノ宮に出ればおしゃれな人も多く、色々と目移りするような場面もござい
ましたが、入学式には私のスーツを着て出席すると言うことでスーツ代は
浮きました。(;’∀’)汗
しかし靴だけは合わなかったので銀座ワシントンに行って足に合う靴を買い
ました。
どちらかというと、私共の地域は田舎ですので普段はジーパンで過ごしてい
ましたのでスカートも一枚買いました。
後は、自分で欲しいもの、いる物を買いなさいと言い帰ってきました。
やれやれ物入りですね。😥

しかし4月6日に入学式ですのでもう一度行ってきます。

その前に色々とお薦めの着物と帯をご紹介します。

今は桜が満開です。そんな季節に合わせて とび柄小紋と桜柄の名古屋帯は
いかがですか。こちらですと単衣時期にもお召いただけます。
(桜柄は一年中大丈夫です)

小紋→江戸五嶋紐監修のとび柄小紋、京染めです。

名古屋帯→となみ織物謹製の三色段に桜柄の全通です。

 

こちらは、紬の生地にしゃれた名古屋帯を合わせてみました。
楽しくお洒落にお召いただけるのならばこちらの帯はいかがですか。

 

こちらは、ジグソーパズルのような柄で気軽にお食事会、お花見、観劇
などにお締め頂けます。帯の中のお色の生地を持ってくると合わせやすいです。

これからのお茶席にはこちらの訪問着と袋帯はいかがですか。
5月の終わりから6月にかけてお茶席がある方には、こちらの訪問着を単衣に
されたらいかがですか。帯は上品な西陣まいづる謹製の袋帯です。
お色が主張していないので合わせやすい袋帯です。
こちらの袋帯が気になる方へ→是非こちらまでご連絡下さい。
お薦めの一品ですので是非ご覧いただきたいです。
詳しくは→こちらより安心納得がいく購入システムをご利用ください。


こちらの訪問着もこれからの時期には最適なお色です。
5月の終わりから6月の単衣時期に透けない単衣としてお召いただけます。
お茶をされている方は重宝します。
合わせている袋帯は、右は白綾苑大庭謹製の帯です。こちらは、本当に
合わせやすい、重宝する袋帯です。私は困った時の白綾苑大庭さま様といって
お客様にお薦めしています。なるほど~と納得してお買い求めいただいている
お薦めの一品です。
是非お試しください。きっとお気に召されると思います。

左は、とみや織物謹製 人間国宝・木村雨山 画/春夏秋冬です。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

50代からの着物と帯(歌舞伎編)

投稿日:

小紋といっても色々とございます。
・江戸小紋
・京染小紋
・加賀小紋
・紅型小紋
・蝋纈(ロウケツ)
・絞り

江戸小紋は特にお定め柄などを使っている場合は格が高く、紋を入れて
無地と同様にお召になられます。

こちらは「家内安全」と彫られた美濃の型紙を使って、伝統工芸士の方が東京で
染めていただいたものです。




※「江戸小紋」という名称は特許庁で地域商標を取得して

 いますので美濃の型紙を使用して、東京で染めたものしか
 「江戸小紋」という名称が使用できません。
 当社の江戸小紋はすべて東京の染元さんで染めて頂いた
 本物の「江戸小紋」です

こちらの江戸小紋は、ご年配向けのお色ですが、結構お若い方もお好きな方が
いらっしゃるみたいです。

落ち着いた雰囲気で帯も合わせるとお茶の先生級の方がお召になられます。

又、江戸小紋は、観劇などに重宝します。

観劇とひとえに言いましても色々とございます。その中で一番歌ハードルが高い
のは、「歌舞伎座」ではないでしょうか。
母も昔はよく歌舞伎を見に行ってたみたいです。そこで気になるのが服装です。
昔若いころに、「とりあえず着物であればどんなものでも良いわよ。」と
教えてくれた方がいらっしゃって、「鵜呑みにして出かけたら大恥をかいたわ。」
と言ってました。その当時はまだまだ着物文化は廃れてなかったのでそうだった
のでしょう。

実際のところ、歌舞伎観劇には何を着て出かけても問題ないと思います。
歌舞伎はもともと庶民の娯楽であり、武家の身分の高い方々は見ませんでした。
しかし、明治時代に外国の要人にお見せするようになってから、世界に誇る
日本伝統芸能として扱われるようになりました。だから、敷居も高く感じる
ようになったのです。
ですから、本来はドレスコードというものはないのです。
しかし折角ですので、この機会に普段と違う雰囲気を味わうためにお着物で
お出かけになられることをお薦めします。訪問着、付け下げ、無地、江戸小紋、
とび柄小紋、等々色々とございますが楽しんでその日をお過ごしになって頂ける
とリフレッシュできて良いのではないでしょうか。

ただ、座るお席によっては格を気にされた方が良いこともございます。
例えば、一等席などの前方の席に座られる方は訪問着や小紋でも、おとなしめ
のお着物をお薦めします。お席の値段も高いので、比較的年齢層が高い方
もしくは、特にゆとりのある方ですのでお着物も上品にお召しになられている
方が多いですので、その場で浮く感じでは肝心の歌舞伎を集中してご覧
いただけません。

又、三等席などは、お席が後ろの方でどちらかというと、カジュアルな着物を
粋にお洒落に着つけた方が多いものです。歌舞伎観劇に慣れていて着物の
おしゃれを楽しんでいる方が多いのが「歌舞伎」です。



こちらは、おとなしめの付け下げです。お色も明るく優しい雰囲気ですので
観劇向きです。
もちろんお茶席でもこれからの季節良いのではないでしょうか。
単衣にされて六月、九月に涼しいお顔でお召いただけると宜しいと思います。



こちらは、柄が少なめの訪問着です。しかしやはり有名メーカ菱健の作品だな
と感心するほど見ごたえのある訪問着です。印象が素晴らしいです。
こちらにとなみ織物謹製の【人間国宝・大場松魚の世界】を合わせては
いかがですか。

 

お洒落に観劇をとおっしゃられる方には、こちらの小紋はいかがですか。


こちらは、東京染め小紋です。ブランド貞子好みの型紙で東京の染屋さんの
伝統工芸士の方に染めて頂きました。むらたや特注品です。


このような四季を表現した袋帯をお締め頂いてもおしゃれです。

今時期ですと桜の文様の名古屋帯もおしゃれにお召いただけます。
東京染め小紋と合わせて観劇に是非いかがですか。

 

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

訪問着と付下げと袋帯

投稿日:

よくお客様から、「訪問着と付下げの違いは何かしら????」と
質問をされます。

ご結婚がお決まりになられて、晴れ着をお作りになられる時に
「訪問着を作りたいのだけど・・・・付下げとどう違うの。」と
お聞きになられます。
分かっているようで曖昧・・・・そんな方が最近は多いです。
ここで簡単にご説明してみましょう。

訪問着は、色留袖に次いで格のある着物です。ご出席する場面で未婚の方は、
振袖をお召しになればいいのですが、「振袖はちょっと・・・・」と言われる
方には訪問着は最適です。もちろん既婚の方も訪問着はお召しになられます。

「振袖は大げさかな」とおっしゃられる方は、お茶をされている方で大きな
お茶会・大会などに出席される場合が多いです。
また、未婚でも「落ち着いた雰囲気が良いわ。」「派手派手しくしたくないわ。」
「お嫁さんより控えめに」とお考えの方は、訪問着をお召しになります。

袋帯は、白綾苑大庭の帯です。

袋帯は、西陣まいづる謹製の袋帯です。

ご覧のように訪問着は、絵羽模様の着物です。袖から肩に柄が続いていて
華やかですので社交着として多く用いられています。前から見ると上前と衿も
柄が繋がっているものが多いです。

最近は、スッキリ調の訪問着もございますが、晴れ着としてお召しになられる
のでしたら華やかな方が良いのではないでしょうか。


訪問着は、尾峨佐染繍で細やかな刺繍が映えます。
合わせている帯は、京藝謹製の袋帯です

又、訪問着に紋を付けますと、格の高いキモノとなります。
染め抜き一つ紋を付けておけば、結婚式披露宴にも着用できます。
(紋がないからといって結婚式披露宴に着て行けないわけではございません。)
あくまで「格」のお話です。
お茶をされている方は、染抜き紋をお入れになられます。

訪問着に縫い紋を付ける場合は、一つ紋を付けるのが一般的に多いです。

着物の地色と共色薄、共濃いにして目立たないような色系で、三つ紋に
される方もいらっしゃいます。

付下げは、模様が付け下げという意味で、肩を中心に前身ごろ、後ろ身ごろとも
模様がすべて上向きになるように施された着物のことです。
付下げも、既婚、未婚に関わらず、気軽な外出着としてお召いただけます。

最近の付け下げの柄付は、訪問着に近づいているものもあり、パッと見て訪問着?
付下げ?と分からないものも多いです。それだけに、付け下げも晴れ着にお召しい
ただけますので、お茶席、入卒の式典、パーティーなど略礼装に用いられることも
多くなりました。
だからこそ紋をお入れすることも多くなったのです。

本来付下げは、訪問着に比べ柄も雰囲気もおとなしめですので紋を付けるなら
「縫い紋」というふうに言われています。
改まらないで、着る機会も多くなるようにとい配慮からそうなったのではないで
しょうか。


こちらも付け下げです。
上の付け下げに比べとてもシンプルに柄が施されています。
お茶席向きの着物です。帯は、「となみ織物謹製の袋帯」です。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

春の江戸小紋と帯(袋帯・名古屋帯)

投稿日:

今日は、暖かく少し外で花の入れ替えをしただけで汗ばんできます。
お客様も「今日は暑いわね~。」とおっしゃりながら入ってこられます。

気分も春めいていらっしゃる方もおいでです。

着物という特殊?なお召し物は敬遠されがちですが、
本当に「いざ」という時には役に立つことをお客様はご存知です。

これからですと、6年生の担任の先生が卒業式に着物で出席されるたり
娘の卒業式では、担任は男性ばかりだから格式が感じられないだろうな
と思っていたら紋付き袴でご登場されて「おおおおおっ」と思いました。
先生も重きに受け止めそして涙されていました。

なんだかこちらまで「うるっ」てきそうでした。
やはり式典は着物が合いますね。

今時期ですとこちらの訪問着はいかがですか。

垣根に橘が施してあり桃の節句から5月6月くらいが良い時期ではない
でしょうか。5月にお召しになるのでしたら袷で、6月なら単衣にされて
おかれたらいかがですか。

こちらの帯は京藝謹製 「正倉院華文様」

メリハリをつけるならこちらの袋帯はいかがですか。

5月といえば端午の節句です。
お子様の成長のお喜びにお祝いをされる時に江戸小紋をお召しになって
記念のお写真を撮られたらいかがですか。
訪問着や付け下げも良いですが、少し控えめに無地や江戸小紋なども
素敵です。
むらたやの江戸小紋は、特許庁で地域商標を取得している
美濃の型紙を使用して、東京で染めたもです。本来はそうでないと
「江戸小紋」という名称が使用できないのです。

こちらの江戸小紋は、袋帯でも良いですし名古屋帯でも締められます。

例えば、袋帯ですとこちらはいかがですか。
加納幸謹製の袋帯です。お太鼓柄ですが、正統派の方にお薦めです。

こちらの袋帯は、藤原織物謹製で白地に豪華絢爛な吉祥文様ですので
おめでたいお席に重宝する一品です。結婚式でのお呼ばれや若い方が
黒留袖に合わせてお召しになったりもできる格の高い袋帯です。

こんな感じの袋帯を合わせても宜しいかと思います。
こちらは、しゃれ袋帯で吉村織物謹製で綾羅織です。全通ですので
お太鼓の柄の配置はあまり気にしなくても大丈夫です。

名古屋帯ですとこちらはいかがですか。
となみ織物謹製の名古屋帯で九百佐賀錦で六通です。
ブルーグレーの地色が上品に映ります。

こちらは、お太鼓柄ですが、締めやすい帯屋捨松の名古屋帯です。
唐華文様の柄で、江戸小紋にお締め頂いても見劣りしない名古屋帯です。

こちらは、有職柄七宝柄に若松菱を施してある 小森の帯です。
江戸小紋に合わせて濃いめの帯締めをされるとグッと粋な感じに
なります。控えめなおしゃれな方に是非どうぞ

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

趣味のきもの~小紋と名古屋帯~

投稿日:

知らない呉服屋に入るのは怖い・・・・なんてことはございませんか。
だから、ウインドウ越しにかかっている着物を見る。そしてご自身の
好みと合わせてみていくと、そのお店の顔というものが見えてきます。

振袖に力を入れているお店、普段着やおしゃれ着などのお店など色々と
ございます。しかし最近は、「着物は滅多に着ないし、もし買うとしたら
正式な場所で訪問着に袋帯があれば良いわ。」そう考える方が多いので
訪問着に袋帯のようなフォーマルをウインドウに掛かっている所が多い
気がします。確かに訪問着の方が見栄えが良く目を引きやすいので
どうしてもウインドウに掛けるには、多くなりがちです。


袋帯はこちらより→京藝謹製

 


訪問着は→こちらより

袋帯は →こちらより

袋帯はこちらより→となみ織物

このように弊社でも訪問着にこの袋帯という風にコーディネイトをして
お薦めもしております。

その、訪問着ですらお買い求めされる方が減ってきています。
だから在庫を持たない呉服屋が増えてきているのです。
催事の時だけ借りて販売をするとお客様が高い買い物となってしまいます。
だから、在庫をお持ちの呉服屋に行かれた方がお安くなると思います。
むらたやでは、いつお越しになられてもお見せすることができます。

趣味のきもの

きものむらたやでは、小紋と名古屋帯そして袋帯を中心に販売しております。
その他の商品も(留袖、色留、振袖、訪問着、付け下げ、無地、紬、小物)
店舗では多数取り揃えておりますが、皆様に気軽に着物に触れて頂きたいと
思い小紋と名古屋帯を特にお薦めしております。


着物(とび柄小紋・変わり七宝)
名古屋帯(河合織物謹製)


こちらの名古屋帯は、まだサイトには載っておりません。
詳しいことがお知りになりたい方は、こちらまでご連絡ください。

西陣まいづる謹製の袋帯です。
古典的な青海波の柄を洋風なアラベスク調に変形させて仕上がった
しゃれた帯です。小紋は、細かい変形七宝柄のとび柄ですので無地感に
お召しいただけますのでこちらの袋帯を合わせてみました。


こちらの小紋は江戸五嶋紐監修のとび柄小紋です。
変わり生地を淡いパープルの地色でとび柄を蛍のようにホンワカと施し
その中には厄除けとなるウロコ文様が施されています。
女性の厄年にお求めになられたら帯を変えるだけで長くお召いただけます。

こちらの帯は、名古屋帯で小森の帯です。

着物の地色と同系の名古屋帯ですので上品にお召いただけます。
少し濃いめの帯締めをされたら全体がグッと締まります。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

50代からの着物と帯~春~

投稿日:

春のお茶会やお花見、観劇と着物が重宝する時期となりました。

そんな時の着物と帯のご紹介です。最近若い方でも着物を着たい
とおっしゃられています。
しかしその反面、70代の方で着物はもういいわとも言われる方も
いらっしゃいます。(皆さんではございません。)
お話を聞くと『着物を持たせてもらったけど袖を通さないままだから
もったいないわ。』とおっしゃるのです。
確かに着物を着るという行為は大変で時間もかかります。みんな着物を
着る大変さは良く分かっているのです。
だからこそ、着物を着て来て頂くと喜ばれるのです。

「今日何かあるの?」なんておっしゃる方は、きっと羨ましいのでしょう。
皮肉を込めておっしゃっている様にしか聞こえません。

気にせず、着物を大いにお召しになってください。

お茶席にお薦めの袋帯です。


[加納幸 謹製 ]

[山口美術織物 謹製]

 加納幸の袋帯は光沢のある帯地で華やかに感じます。
訪問着や付け下げ、色無地や江戸小紋に合わせて下さい。
濃いめのお色の着物ですとメリハリが利きます。女性の最高礼装の留袖に
合わせても宜しいかと思います。右の山口美術織物の袋帯は大変凝っていて、帯地が黒っぽいですので留袖
には合わせにくいですが、色留ですと上品におしゃれに合わせることがで
きます。紋付無地や江戸小紋、訪問着や付け下げに合わせてお茶席にご出席
されると着物の着姿がおしゃれに、綺麗に見えることと思います。帯に使っ
てあるお色に近い着物を着られると合わせやすいです。又、グレー系の地色
の着物を合わせてもメリハリが利いて素敵です。例えばこちらはいかがですか。


上前です。

上前です。もちろん小紋で合されてもおしゃれです。
但し、袋帯に格がございますので、軽い小紋ではなかなか着物の上に袋帯を
乗せてみてもしっくりきません。

こちらの小紋ですと加工も良いですし袋帯を合わせてもチグハグな感じは
うけません。きっとしっくりくるのではないでしょうか。
本来小紋は、名古屋帯を締める方が無難と思いますが、ここらクラスの
小紋となりますと袋帯を乗せても大丈夫です。それだけ素晴らしい加工が
施してあると言うことです。

こちらは、シンプルな変形七宝柄のとび柄小紋です。
施してある柄は少ないですが、とび柄となっている変わり七宝をひとつ一つ
見ますと上品に仕上がっています。生地もしっかりしていますので、無地感
でお召しになってはいかがですか。黒地の山口美術織物の袋帯などを合わせ
たらいいのではないでしょうか。


きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

初めに作る着物は何?

投稿日:

「きもの」に興味はあるけどどうしたらいいのか分からない方や
好きだけど一歩が出せない貴方に向けてお話いたします。

着物には「格」や「季節感」があるので難しいとおっしゃる方が
多いです。だから、着物離れ現象がおこって今の時代となってきたの
だと思います。気軽に着物をと言っても決まりごとは、きちんと説明を
された方が良いと思います。
その方が着物を着てまた着たいと思って頂けるような努力を私共も
していかないといけないのだと思います。

取りあえず、一枚持っておくとしたら『訪問着』ではないでしょうか。

帯→高島織物謹製[慶寿]


右の袋帯→京藝謹製[白眉]
左の袋帯→河村織物謹製[本手織]

[河村織物謹製]

[京藝謹製]

 




いざ着物を買うという時に、どんなものを買えばいいのかは難しい問題です。
洋服と違うので着物を見慣れていない方は、何が良くて何が良いのかを困っ
てしまいます。普段から目を肥やしている方ですと、何となく「これいいわね。」
とすんなりと言葉に出ます。高い買い物となるので失敗したくないというのが
本音かと思います。

むらたやのお客様のお話ですが、お母様は、大変着物がお好きでらして
その方のご子息様のお嫁さんと大変仲が良く、一緒にご来店された時、初めは
良く分からないまま好きか嫌いかでお選びになられたいましたが、今では
着付けの練習をしておひとりで着られるようになり、色々と着る機会などを
考えて欲しいものを抜粋してお選びいただいております。
何度かお母様とご来店されてからは、おひとりで色々と見るうちに目が肥え
良いものは、やはりよく見えるようになったみたいです。

どんな方も色々と見ることから始まり、決まり事を呉服屋さんに聞きながら
ひとつずつ覚えて行けば良いと思います。

初めに作るなら「訪問着」と言いましたが、それは確実に一枚はあったら
便利だからそうお話をしただけで、

普段から着物を着たいわ・・・・・とおっしゃられる方には
おしゃれ着として季節を問わない柄の小紋や紬の袷のお着物が良いのでは
ないでしょうか。

着付けの練習に、お茶のお稽古にという場合も良いかと思います。

東レの小紋(洗える着物)もいいですが、それは本当に練習着や雨の日用として
お作りになられた方が良いと思います。(むらたやでもお取り扱いございます。)

ちょっとした場にもお出かけしようと思われたら、正絹の着物にされた方が
良いのではないでしょうか。


左上の格子柄小紋 
上段の中央 蛍ぼかし
上段の右シダ唐草
左下の雪輪と貝合わせ
下段中央唐草華の宴
右下東京染め小紋、貞子好みより

上の小紋に合う名古屋帯はこちらよりお選びください。

次は、気軽に着れる小紋から帯のお話を致します。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

 

お嫁入りに揃えるなら

投稿日:

最近はお嫁入りに着物を揃えて持たせるという風習は、地域や嫁ぎ先に
よって変わってきています。
ネットでも「喪服は着ないから必要ないわ。」とか「いつ着るの?」や
「着るときないし。」等とマイナスなご意見を目にすると悲しくなります。

それは、私が呉服屋だからではなく、着物ほどどんなドレスより優れている
ものは無いからです。また、日本の伝統的衣装ですので、いざという時は
着物に袖を通すゆとりが欲しいものです。

あるお客様は、お母様がお嬢様のことお思い少しずつ揃えられています。
今現在、喪服を始め訪問着をお作りになられました。次は、留袖か無地をと
おっしゃておいでです。

又あるお客様は、ご実家ではお作りにならず嫁いだ先のお母さまが大変
着物がお好きでお嫁さんに訪問着や無地をお作りになられています。

着物を誂える時期は人それぞれですが、いざという時の為に必要最低限は
持って嫁いだ方が宜しいと思います。

[訪問着・絞りに雪輪柄]

 

[付下げ・笹に花の輪]

※帯はイメージ

喪服についてですが、
こちらも必要ないし着ないしというご意見が多いです。
呉服屋の立場から言わせて頂くと喪服こそはお作りになって嫁がれた方が
宜しいと思います。
それは、葬儀の時に黒紋付を着用する意味として、
一つは家紋の入った黒紋付で故人に敬意を表し最後のお見送りするためで
故人に対する礼儀だからです。喪服を着ないからという理由だけでご用意さ
れないと言うのは、着ないのではなく喪服を持参してこられていないか面倒
くさいかどちらかではないでしょうか。
故人に対しての思いがあれば自ずと喪服を着ましょう。という気持ちになる
と思います。
二つ目は、弔問客に対する礼儀です。弔問客に対する敬意を示し、又弔問客は
故人の家族と交流がある方ばかりではなく、家族が初対面という場合も多いで
すので、その時奥さんや娘さんは、家の家紋を入れた黒紋付を着ます。
お嫁さんは嫁ぐときに実家で作ってもらった実家の家紋入りの黒紋付を着ます。
それにより、ご家族様がご挨拶するときに弔問客がある程度分かるようにと言う
意味です。

最近では、喪服をレンタルするという方もいらっしゃいます。
レンタルは祝い事で着る分(振袖)には良いですが、弔事で着る黒紋付は
あまり気持ちの良いものではないと思います。
黒は一番ごまかしの利かない色でもあり、親族席で並ばれた時に、レンタルは
一目瞭然です。お色の黒の深さや着物とお召しになる方の寸法がちぐはぐな場合
もありますのでご持参されて嫁がれる方が無難です。

黒紋付を選ばれるときは、色が1番のポイントです。柄物と違って黒無地は色
の良し悪しが1番よく分かります。葬儀の時は身内が黒紋付を着て並ぶので余
計に分かります。ですからお買い求めの際は何点か重ねて色を見比べてから、
より黒いお品を選ばれるとよいです。また御守りや保険のようなもので使わな
ければ良いのでしょうがそういうわけにもいきませんので、お求めになられる
のなら一生もので買い替えをしなくてすむような品質のある程度良いものを選
ばれたらいいと思います。

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで

入学式や卒業式にむく訪問着と袋帯

投稿日:

日本で最初に「デパートメント宣言」を発表した百貨店の三越が
「訪問服」のネーミングで新しい感覚のきものを売り出したことが
きっかけで、「訪問着」が誕生したといわれています。それまでの
着物の名称は特に統一化されておらず、一般に「小袖」といわれて
いました。当時の小袖には全体に柄のある総模様のタイプと、裾に
模様のある裾模様のタイプしかなく、一般の人が気軽に着られる
よそいきの着物が欲しいという時代のニーズに答えたものでした。

明治の終わり頃から始まった「和」の復活の動きもあり、西洋のものも
良いけれど、やはり“いざ”という時はきものがいいわ!という声もあり
三越が「訪問服」、白木屋が「社交着」、銀座松屋が「プロムナード」
といったネーミングで新しいデザインの着物を発表し、斬新でおしゃれ
な着物は、女性が社会に進出し始めたこともあり、大ヒットとなり今の
訪問着となったと言われています。

しかし当時の訪問着は一枚一枚手作りのものしかなく、その為どうしても
高価になりがちでした。一部の人の「ぜいたくな楽しみ」だった訪問着で
したが、昭和30年代に入ると、若い女性の間で白地の訪問着を披露宴の席
で着るのが流行した為、それをきっかけに「訪問着」は広く一般に着用さ
れるようになりました。

訪問着は着用の場所がとても幅広い着物です。タイプも様々ですので、それ
だけに「その場にふさわしいタイプ」を選び、そして「その場にふさわしい
装い」をすることが大切になってきます。 例えば披露宴に出席するのなら、
少し明るめの色で華やかなタイプを。とか、またお子様の七五三や入卒業式
でしたら、主役はあくまでお子様ですから、少し控えめで上品なタイプを
お薦めします。お茶席であったら、無地感のタイプや、ワビサビのきいた、
うんと凝った柄使いのものもおもしろいのではないでしょうか。
一枚の訪問着で着まわしをしたい場合は、かっちりとした飽きのこない
古典柄を選び、帯や帯〆・帯揚などの小物を変えていくのも一つの方法です。
しかし、あまり形式にこだわりすぎるのも考えものですので、基本は押さえた
上で自由な発想をして貴方らしいそんな着こなしを工夫して下さい。

そこでお薦めの訪問着です。
こちらは、入学式や卒業式、お茶席等にお薦めです。

柄は橘ですので、入卒時期にはぴったりです。流れるような背中の枝は
あまり強調していなくて、お色も主張しすぎていないので合わせる袋帯により
長くお召いただけます。

お薦めの袋帯をご紹介しましょう。

【となみ織物の袋帯です】


華やかな袋帯ですので、晴れ晴れしい卒業式や入学式におすすめです。

こちらは、鈴木謹製の袋帯です。
丁寧に施されている短冊の中のお柄は勢いがあり上の訪問着の
地色ともマッチしていて素敵です。短冊の文様はそれぞれおめでたい
柄となっておりますので、おめでたいお席でしたらきっと上品に
お締め頂けます。

 

きもの むらたや 

%e3%82%80%e3%82%89%e3%81%9f%e3%82%84%e5%86%99%e7%9c%9f

TEL 0856-22-0095 (代表)
TEL 0856-22-0098 (ネット専用)
商品に関するお問い合わせは 、こちらまで